平成を振り返る(平成最後の日)

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
今日で平成も終わりです。
明日から新時代の令和。
思い返せば、私が小学校6年生の時、
昭和天皇がご崩御され、昭和64年が数日で終りました。
つまり、昭和64年が平成元年となったのですが、
それから30年と4ヶ月で、平成も終わりを迎えました。
私は42歳なので、人生のおおよそを平成という時代に
生きました。
私的に、平成はどんな人生を取り巻く時代の環境だった
のだろうか?と考えてみました。
大きくわけると2点ありました。
①世界的には、目まぐるしい変化を遂げた時代
ベルリンの壁が崩壊。ソビエト連邦の崩壊。
共産主義が弱体化と思いきや、中国は成長。
インターネット、携帯電話、スマートフォン。
情報伝達手段が著しく発展。今やAIやIoTなどが
成長産業に。
アメリカでは、GAFA(グーグル・アップル・フェイスブッ
ク・アマゾン)が台頭。中国ではBATH(バイドゥ・アリバ
バ・テンセント・ファーウェイ)が。
現在の情報関連会社の先頭を走る世界的企業です。
これらは、世界的企業となりながら、平成の時代に
台頭してきた新興企業。
いずれも急激な速度で成長した企業です。可能性が満ち溢れる時
代でしたね。世界的に考えれば、「希望」にあふれた時代なのか
もしれません。
これだけ、平成という時代の世界の環境の流れは激変
している時代でした。
②日本では、徐々に衰退。嵐の前の静けさ。
戦争がなかった時代ですので、ある意味素晴らしい
時代でした。一方で経済的には、失われた20年(30年?)
?と言われるように、GDP(国民総生産)が上がらず、
日本は成長できないままの国となっています。その間、世界の
多くの国は、GDPをあげて、成長し続けています。
しかも日本は超高齢者社会・少子高齢化で今後は人口減少を迎
えることが必然。全体的に成長などが見込めない雰囲気で、
若者はますます希望が描きづらい国に。
もはや、日本がバブル期にブッチギリに成長した伸びしろも
あらゆる国々に追いつかれつつあって、希望がみえません。
平成は今日で終わるので、現時点ではまだ世界3位のGDP
を維持してますが、新時代では、ドンドン追い抜かれ、離されて
いくことでしょう。移民も受け入れないと、日本は倒れてしまう
でしょう。日本の存在感は一層低下。
もしかしたら、存在感が低位になれば、
財政破綻が起こり得るかもしれませんね。
今はまだ、世界的に影響力が大きい位置にいそうなので
破綻はないでしょうが、もし今後、GDPが落ちていき、
経済力を失っていくことで世界的な影響力が低下すれば
投資家も日本から資金を引き揚げ、財政破綻が現実となるかも
ですね。どのみち日本は一旦落ちる所まで落ちないといけないの
かもしれません。一旦落ちてしまえば、あとは成長しかないの
で、希望が持てる国となるかもしれません。
因みに、どんなことがあっても戦争は起こすべきではありませ
ん。
そのような意味で、平成は「嵐の前の静けさ」の時代であった
のだろうと推測してます。
私は今後、たぶん来るだろう「嵐」に備える為、色々ともがいて
いるのです。もがいてもがいて、ダメだったら諦めつくから。
いざ「嵐」が来た時、人生を後悔したくないからなのです。
後悔したくない人生を歩みたいだけなのです。
もし、「嵐」がこなかったら、ラッキー。
 

私が変える

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 副住です。
昨日は夕刻から比企青年会議所の例会に参加して
きました。
今回の例会では、山元賢治さんをお招きして「リーダー論」につ
いての講演を聞かせていただきました。
山元さんは、元アップルジャパンの社長で、iPhoneを日本市場に
投入した方です。
スティーブ・ジョブズさんなどのお話も伺いました。
すべて、納得できる内容でした。世界は、そうなっているんだ。
など、今後日本が取り残されていくことが、とても良く理解でき
ました。誰かが変えてくれるのではなく、私が変える!
私が最近、気づいたことを、そのまま言ってくれました。
やっぱりそうだよね。間違ってないんだ。
 

現役と同じように。。。

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 副住です。
申し訳ありません。ブログの更新を2日飛ばしました。
GWに入り、ご法事が勤まります。
いよいよ平成も残すところ、あと3日。
段々と実感がわいてきました。
5月1日からは、令和という新時代となります。
新時代を良いよく創っていきたいと思っています。
皆さん、共に頑張りましょう。
さて、今日は今かかJCの例会に行ってきます。
GW中に、例会と新時代の初日に理事会があるのです。
正直、こんな時に何やってんだ!と思う節もありますが、
ここまできたら、やる!というのもJC。
私は見守っていこうと思います。
しかし、今日は現役と同じような役割だそうなので、
動かなくっちゃ!!!
それでは用意して行ってきます。
今日は国立女性会館ヌエックです。

今年のGW

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
先月と今月は年度代わりだったこともあるのか、
忙しない月となってしまいました。
先月から出張なども続いて、遠出が多かったので
疲弊しているのかもしれません。
GWに入ってしまえば、自坊に居られる時間が増えるので
身体も休めます。GWが近づき、少しホッとしたのでしょう
疲弊を感じています。
今の所ですが、実は5月に入れば、結構時間が取れる予定。
そこで、自坊の事を進めていきたい!と考えています。
今年は、仲間探しがメインの活動となるのでしょうが、同時に
個人的にできることを進めていこう!と思っています。
振り返ってみると、私の場合、だいたい2か月前位には、スケ
ジュール表がだいたい埋まってきます。もちろん、急に
予定が入ることもありますが。そう考えると、あと数日で5月を
迎えるこの時期に、5月のスケジュール表に空きがあるのですか
ら、きっと余裕が持てる月となるはずなのです。嬉しい。
休み前って、色々何しようか!?と考えてしまうので、
今が一番嬉しい時期なのかもしれません。
因みに、10連休というGWなのですが、結構ご法事が入ってい
るのです。
面白いことに、一昨年位までは、GWにご法事はあまり入らな
かったので、お坊さんもGWと受け止めていたのですが、
昨年から流れが変わってきたようです。今年も、毎日では
ありませんが、10連休の中の5日間はご法事が勤まります。
 
 
 

浄土宗大本山 清浄華院 御忌大会 に随喜してきました。

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
昨日と一昨日と京都に居りました。
宗派が違うのですが、浄土宗さんの大本山
清浄華院さんでの法要に随喜(参列)させていただきました。

4月22日のご法要です。
浄土宗の開祖、法然聖人のご命日(お亡くなりになった日)のご
法要で、御忌大会と称される特別なご法要なのです。
浄土真宗でいうところの、報恩講にあたります。
なぜ、私がそのようなご法要に随喜できたかと言うと、
この法要で、導師(中心となる師)を勤めた方よりお誘い
いただいたからなのです。
因みに、導師が法要でお座りになる場所がここ。
ご本尊様の前なのです。
因みに、私は他宗なので、来賓としてご本尊様を正面に見て、左
側に赤い絨毯がある場所にイスがあるのですが、そちらの特別な
エリアに座らせていただきました。
因みに、右側の絨毯に、ご法主様が座られていました。
今回の法要では、大本山 清浄華院さんのご法主(一番偉い方)
様より、私の友人がご法要の導師の大役を、特別に任せられたの
です。
つまり、特別に、この法要のみご法主様の代わりを命ぜられる
わけです。ですから、その時だけ、特別にご法主様がお召しに
なる衣を、導師は身にまとうことができるのです。
赤色の衣でした。
大本山のご法主様の代わりを任されるという名誉あるご法要に、
他宗の私もお呼ばれしたのです。
私も、そんな特別な他宗様のご法要に、随喜させていただけるな
んて、生涯ないでしょうから、喜んで参らせていただきました。
実は、私がお世話になった未来の住職塾という非営利組織の経営
について学ぶ塾があったのですが、そこで出会った方なのです。
その繋がりで、他宗の数人の方と仲が良くなりました。
皆、私と同じ年代なのです。
その内の一人が、浄土宗の方なのです。
私以外にも、他宗の仲間の同志がもちろん、参加しました。
真言宗・天台宗・曹洞宗・日蓮宗(出来た順)の同志が
一緒に参列させていただきました。まさに超宗派(笑)
皆、それぞれ宗派が違うのですが、なぜか気が合う。
もちろん、それぞれ自分の宗派の教えに誇りをもって
いながらも、お互いを認め合えるわけです。
さらに、一番興味深いのが、このままじゃダメだ!と
真剣にお寺の未来を考えているところ。
40代だと、お寺の世界では若造に分類されるのですが、
私も含め、皆、宗派の組織に溶け込まないというか、
新しいことをしようとするから、おそらく旧態依然とした
宗派の体質に合わないわけです。(笑)
でも喧嘩などはしないのですよ。
私たちはそんな部分(旧態依然とした体制)に重きを置いていな
いというか、違う部分に重きを置いているので、たぶん、
宗派内から理解されづらいポディションにいるのです。
つまり、宗派内では異端児になるのでしょうね。(笑)
私自身、宗派の中でも異端児だと思っています。
別に、宗派内の方から言われたことはないですよ。
そんな宗派内の異端児が、各宗派に、しかも同じ位の年齢で存在
していたのですね。
それが、未来の住職塾という場所を通じて出会ってしまったわけ
です。意気投合し、すっかり同志となってしまいました。
その同志のお一人が、今回の大役の法要を勤められたわけなので
私達も喜んで随喜させていただいたわけです。
もちろん、祝賀会も参加したので、一泊してきました。
昨日は、お昼頃に築地本願寺に入って、夜まで会議をし、帰宅
してきました。
各宗派で異端児なのは間違いないのですが、それぞれ宗派とは上
手にやっているので、今回のように、導師を拝命したりするの
です。ただし、異端児なので、考え方が根本的に違うのです。
たまたまなのですが、同日、曹洞宗の同志が作成した映画が
カンヌ映画際で正式に招待された!との連絡が入ってきて、喜
びが増した一日となりました。
典座TENZO という映画です。
なんだか曹洞宗の青年会かで作成した映画なのだそうですよ。
私の同志が言い出しっぺなのだそうです。
同宗派の先輩たちが映画を見て、色々と指導が入ったそうですが
、異端児なので、修正しないで出した!と話してました(笑)
もちろん、最初からカンヌを目指していたそうです。
これからニュースになるんじゃないかな。
有言実行!と豪語してました。
カンヌで上映されるのだから、豪語もできるよな。凄い。
 
 

体内時計

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
今日は日曜日、ご法事が勤まります。
本当に良い気候が続いており、珍しく天気も
安定した春ですね。気持ちがいい。
春の暖かさに、心身ともにほぐれます。
しかし、身体がついていかず、正直、身体が重いというか
ダルイのです。
理由の一つとして、なぜか最近、午前2時か3時に必ず目が
覚めてしまうのです。その後、寝るのですが、ウトウト状態なの
で、朝起きたら身体がダルイのかもしれません。
変なスイッチが入ってしまったのでしょうね。
だいたい3時10分から15分の間に目覚めるのです。
私は枕元に充電中の携帯を置いているので、目が覚めると
携帯を見るのです。そうすると、見事に3時ちょっと過ぎ。
今日も3時15分でした。携帯を確認する数分前に目覚めるので
おそらく3時10分ほどに目覚めているはずです。
もう2週間ほど続いているのですが、どうしてそんなスイッチが
入ってしまったのか謎です。
私は幼少期から、体内時計がしっかりしていて、だいたい起きな
きゃいけない時間に、目覚ましをかけずとも起きられる、ある種
の特殊能力みたいなものを持っていました。
もちろん、「必ず」ではありませんが。
例えば、朝5時に起きなきゃ!と思えば、目覚ましを5時にセッ
トしますね。私も大事な時は、一応目覚ましセットするのです。
すると、4時50分に目覚めてしまうのです。
目覚ましが鳴る前に起きれるわけです。
そんな能力を持っていながら、なぜか最近起きる必要もない
3時に目覚めてしまう!!!苦しいです。
それが2週間も同じような時刻に目覚めることが続くと、
もう完全に体内時計がセットされたとしかいいようがありません
どうしよう。困った。

新時代の仕事

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
1~2年ほど前くらいから、「これからは趣味が仕事になる
時代」などと、堀江貴文さんや落合陽一さん、西野亮廣さんな
ど、その他の方も主張されていることが、何となく気になってま
した。
これらの発言は全て、AIが進展する時代での、私達の仕事のあり
方に関する発言です。
私も特に意識しないで、何となく共感してましたが、最近凄く納
得してしまってます。
5Gが普及した社会になるとIoTが進展し、これまでの私たちの仕
事のあり方が劇的に変化することを、最近私はよく理解できるよ
うになりました。
5GやAIについて勉強しているからです。
(もっとも、専門的な勉強ではなく、巷に出版されてる書籍を読
んでいるレベルですが)
最近の本は、5G時代の社会を漠然と書いているのではなく、
ある程度、具体的な未来を記述できる内容となっているのです。
そこまで、各分野では5Gをインフラで使用できるような技術、
具体的なアイデアが進んでいるのです。
こうなってくると、新時代は確実に5Gが社会に普及することが
前提(そうなるでしょうが)ですが、AIが非常に活躍できる
環境が整うので、IoTが進展することは間違いないでしょう。
そうなると、これまでの私達の仕事が激変します。
5Gが社会インフラとして整備されることが前提ですが、
おそらく、そこから5年ほどで、激変した社会となっている
と、私は予想します。(たぶん、もっと早いかもしれません)
どう変化をするかと言えば、ルーティンワークのような仕事は
すべて機械化されます。例えば、コンビニなどのレジや事務職
などです。その他、代替が効くような仕事であれば、AIを搭載し
た機械ができるようになっていくでしょう。
逆に、その人にしかできないような仕事は、AI搭載の機械でも置
き換えれないので、残ることになるわけです。
そう考えると、現在の多くの仕事は、AIの機械ができるようにな
ると思われるのです。
ここを悲観的に捉えると、AIに仕事が奪われる!となっていき
ます。
ずっと前の産業革命の時も、人間の仕事が機械に奪われる!と
恐れた人々がいたそうです。
しかし、社会が機械化した事(鉄道や車などができたこと)で、
人類は益々便利になり、さらに新たに機械を製造管理修理するな
ど、逆に新たな仕事が増えてきた!そうです。
例えば、鉄道会社や車製造会社、あるいは解体業やリサイクル業
なども。これらは産業革命以後、新たに増えた仕事です。
そう考えると、今回のAI化も、産業革命の時と同じように、私達
を益々便利にさせ、新たな仕事を増やす可能性もあるのです。
つまり、AIの機械が社会に広まることを、肯定的に捉えると、
AIと私達が共存する、新たな可能性のある新時代!というように
解釈もできるのです。
私は、後者の理解でおります。
後者の理解でいると、これからの社会での私達の仕事は、AIと
如何に共存していけるか。AIと上手に共存する仕事。あるいは
AIができないような新たな発想を生み出すこと!が価値をもって
くるでしょう。
こうなってくると、楽しいことを追求する姿勢がものをいってき
ます。
つまり、人類にとって、意義ある新発想は、AIでは生み出しづら
いわけです。だってAIには人間の心にあたる部分がないのだから
。AIには感情がないわけですから、心や感情を持つ人間の気持ち
がわかりません。ここの部分は、人間にしかできない部分。
ここが価値をもってくることになるのだと思います。
ですから、新時代では人の気持ちが大事となる職種は、AIには
置き換えられないはずです。その代わり、その職種になるには、
センスが必要となるでしょうね。
さてさて新時代では、新たな発想を生み出す仕事も大事となり
ます。新たな発想というのは、人間が「楽しい」「いいな」など
と共感できるようなものでないといけないわけです。
だからこそ、まずは自分が楽しい!と思える趣味などが
大切となるのです。楽しければ、「楽しいことを追求」する
ことができます。楽しいから苦にはならないわけです。
追求していく先に、新たな課題や乗り越えるべき問題なども
でてきて、それが新発想に繋がっていく。新発想が人々の共感を
得られれば、これがイノベーションを起こす元となるのです。
おそらく、これはAIにはできない仕事。なぜなら、人間が共感す
る元となる、「気持ち」がAIにはないからです。
これらが、新時代の主な私達の仕事となっていくでしょう。
このようなことを、堀江さんや落合さんなどは数年前から指摘
しているわけです。
なるほど!納得。と思うと同時に、私はかなり出遅れていると
思ってしまいました。
 
 
 

コメントを頂戴して

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 副住です。
昨日は私の築地の部所で人事異動に伴い、引継ぎと歓送迎会
が行われました。ご異動されるお二人と、新たに東京教区教務所
に入られたお3方と、今後も宜しくお願い致します!
さてさて、当ブログで嬉しいコメントを頂戴しました。
私が5Gの話題を出したら、ご門徒のHさんがメッセージをくれ
ました。何ができるか一緒に考えてくれる!って。!(^^)!
嬉しいですね。仲間が一人できました!!! IoT
私は5月になったら、今より少し築地も落ち着くので、GW明け
にで、Hさんと会議をしたいと思います。
Hさん、また打ち合わせしましょう!!!
さらに、新たなコメントをMさんより頂戴しました。
驚きました。ブログを見てくださっているだなんて・・・(恥)
Mさんは、浄土真宗本願寺派の僧侶であり、作家さんです。
千葉県松戸市にある天真寺さんの副住職とのご縁から、
始めてMさんとお会いをしたのです。
その後、銀座サロンという築地本願寺のサテライト講座にて
数回対談をさせていただきました。とても勉強させていただいて
おります。
https://tsukijihongwanji.jp/lecture/kokoro-academy
そのMさんから、有難いご教示コメントでした。
原点回帰を大切に考えられているとのことで、時代に流されず
むしろ、本質を見極め、そこを伸ばしていく。
そんなイメージでしょうか。
まさに、そこがドンピシャで大事だと私も思っております。
色々と書きたくなってしまいますが、長くなってしまうので
それはやめておきます(笑)
Mさんからのご教示も大切にしながら、西照寺をイノベーション
したいなぁと考えているこの頃です(笑)
コメント頂戴すると、嬉しいものです。
ありがとうございます。
 
 

「楽しい」ことを追求できる時代に

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
5Gの勉強をしているのですが、実は物のインターネット(IoT)
の時代になると、色々な事が変化し、益々便利になるようです。
そこで、今後IoTが進んでいく時、その要となるのが半導体なんだ
そうです。
それを知って思い出したのが、ソフトバンクグループの孫さん。
孫さんは、数年前、イギリスの半導体会社であるARM社を3兆
円以上の衝撃的な金額で買収しました。
調べてみると、ARM社は半導体開発メーカーなんだとか。
なるほど!
孫さんは、未来を見据えて買収したのかぁ。と納得しました。
どうやらARM社は、素晴らしい開発メーカーです。
今後、スマートフォンで進む、5Gの半導体はクアルコムという
会社が開発した半導体が、このままいけば、先導すると思われま
すが、クアルコム社の開発した半導体の基盤にもARM社が関係し
ている模様です。そうなると、ARM社は世界の半導体の大部分を
握る超優良企業となる可能性ある会社なわけです。
さすが孫さんです。3兆円も安いくらいかもしれません。
もっとも、3兆円って。どうかしてるぜ!
さてさて、スマホが5G時代に突入するこの時期に、5Gの基盤と
なる半導体を開発したクアルコム社と裁判し争っているのが
アップルだそうで、昨日控訴を取り下げた!などとニュースに
でていましたが、喧嘩してます。
つまり、アップルは5G対応の半導体を提供してくれる企業と
喧嘩しちゃっているので、5G対応スマホの市場で出遅れる可能
性があるとのことらしいです。
つまり、現在天下のアップル社でも、5G時代になると、牽引
できなければ、衰退せざるを得ないとのことなのです。
信じられません。本当に諸行無常って怖い。
もっとも、5G対応の半導体は、中国のファーウェイなども
提供できるようですが、アメリカのファーウェイ排除の動き
もあって、アップルもファーウェイからの仕入れは、実質
難しいのかもしれません。
そんなことを知ったら、昨日アップルがクアルコムへの
控訴を取り下げた!とのネットニュース情報が入ってきました。
西照寺イノベーションのつもりで、学び始めましたが、まったく
そこに結びつかず、逆に世界のイノベーションの現状を知ること
になり、途方もない5G時代の覇権の動きなどを知ることとなり
ました。世界の第一線は、目まぐるしく動いているのですね。
次世代の覇権がかかっているのだからね。
そう考えると、その波の3波か4波くらいでもいいので、ついて
いけるような自分でいないといけないなぁと感じました。
いやいや凄いですね。変化が速いし、これほど栄華と衰退が
目まぐるしく変わってしまう時代なんだな。と強烈に思わされま
した。逆に考えれば、それだけ可能性はあるのだと思います。
今回の学びを通じ、やっぱり「楽しいこと」を徹底的に追求して
いくことが、未来で活躍できる方向かもしれません。
色んな人が言ってますが、私も納得します。
これからは、「楽しい」と思えることを追求していくべき時代
かもしれません。もちろん、法律から逸脱する「楽しい」では
ありません。
 

春だからなの? 

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 副住です。
今日は築地出勤の為、近況報告ではなく
日記みたいにします。
最近、春だからなのか、身体がダルイのです。
寝ても、2時か3時に目が覚めてしまい、そのまま
ウトウト状態。
朝、スッキリ目覚めることができていません。
そのために、身体がダルイのか!?
それとも、布団が重いのか。
寒がりの私は、毛布を少なくすると、寒くて夜に
起きてしまうので、少し多めにしています。
でも、真冬の時よりも数枚減らしているし、
重いというわけではないのだろうと予想してます。
う~ん。季節的なものなのだろうか。
少し様子見です。
明日はまた、5Gとか、近況の学びと思うことについて
綴ります。