法光寺様の永代経

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨日は、平素から同じ埼玉県内のお寺としても、お世話になっている越谷市の

法光寺様に、ちょっと来なさい!と呼ばれ、ご法話をさせていただきました。

法光寺様の永代経法要だったのです。

越谷市にある浄土真宗本願寺派の法光寺さんは、もともとは築地にあったお寺様です。

築地本願寺がありますが、その近くにあったお寺様なのです。

もともとは、築地本願寺を一番奥の中心寺院として、その門前には約40数ヶ寺程お寺が並んでありました。

それが、関東大震災が起こったことで、東京都は火事が酷くならないように、区画整理などを行いました。

同時に、築地の地に市場を作ることとしたのです。その時、多くのお寺が郊外に移転していったのです。

この時は、火事でお寺が燃えてしまっていたので、移転しやすかったのでしょう。

因みに、この時、築地から調布市に移転したのが、私の父親の実家、延浄寺です。

延浄寺は、江戸初期の1632年に、江戸の浜町(今の日本橋界隈)に、西照坊というお坊さんによって

建てられたお寺です。その後、築地本願寺が建てられる!ということで、お寺を築地に移転してきたようで

す。そこから築地に約250年ほどあったようです。そこで関東大震災が起こって、区画整理の為、調布市に

移転していきました。

私の父親は、現在の延浄寺第15代住職の弟にあたり、延浄寺は継ぐことができませんでした。

そこで、新たにお寺を建立。延浄寺の開基であった西照坊の西照をとって、西照寺としたかもしれません。

さて、話は戻りまして、法光寺様も築地の門前あったお寺様。区画整理の際も、移転を免れ、そのまま

築地に残っていたのです。しかし、時代の抗いの中で、移転せざるを得なくなり、越谷の地に移転して

きたようです。今でも築地市場(場外と呼ばれていたエリア)には、お寺様がポツポツとありますが、

これは当時からあるお寺様なのです。

関東大震災によって、一変した築地ですが、そこから築地本願寺も立て直され、今のような建物となりまし

た。この時、築地本願寺の向きが変わりました。関東大震災が起こる前までは、築地本願寺の向きは、

築地市場に向いていたのです。今の築地本願寺から言えば、正面に築地本願寺を見て、右側90℃回転

させた方向を向いていたのですね。そして、正面に一本道がまっすぐに伸びていて、その左右に40数ヶ寺

が並び立っていたという構図です。40数ヶ寺は、三列に並んでいたようです。

つまり、築地本願寺の正面から伸びる道の左右に、メインのお寺さんが並んでいて、その後ろ側、つまり二

列目に、中くらいのお寺さんが並んでいて、その後ろ側、つまり三列目に小さ目のお寺さんが並んでいた

ようです。そうやってお寺が整然と並んでいたのですね。

法光寺さんは、メインストリート沿いにあったお寺さんなのですね。

だから、歴史や由緒もあるお寺さんなのだろうと思われます。

今でこそ、あまり由緒にこだわる時代でもなくなりましたが、そんな見方をすると興味深い点もでてきます

ね。そういった由緒的なことを知ると、お寺同士の間では、あそこのお寺さんとここのお寺さんは繋がって

るんだなぁ!とわかってくるのですね。

となると、埼玉にある浄土真宗本願寺派の西照寺というのは、もともとは延浄寺から出た血筋のお寺なの

か!とわかってきて、ルーツは築地組かぁ!となって不思議と身近に感じられる部分もでてくるのですね。

ある意味、人間的な感情的な部分だけの話です。

そんな事もあると、不思議と距離感が縮まったり、もちろん性格の相性は当然ありますが、気が許せる関係

となってくるのです。

少しだけ、そんな事もあるのかわかりませんが、同じ埼玉で、距離はありますが、法光寺様にも呼んでいた

だくことがあるのです。お世話になっています。

そうそう、これまた不思議なのですが、たまたまなのですが、西照寺が誕生した大元のお寺様は練馬にある

信行寺様というお寺様なのです。詳細は割愛しますが、西照寺の元々の起源は、信行寺様なのです。

今でこそ、西照寺の前住職夫妻(私の両親)と、私達夫妻も大変お世話になり、ある種、私達一家のボス!

みたいな素晴らしい前住職夫妻がおられるのですが、信行寺様の前坊守様のご出身が、この法光寺様

なのですね。不思議と繋がっているのですね。

ちょっと気持ち的にキツイです。

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

最近は、若干精神的にキツイ状態です。別に悩みがあるとかではなくて、単に疲れが溜まっている

ので、気持ちが落ちているだけです。

子どもがインフルエンザB型に感染したこともあり、私達夫婦の体調も懸念されたため、運動は止めて

いたのです。身体はシンドイけれど、運動をすることで、気持ち的にスッキリした経験があるので、

運動をしなくなったことで、精神的な疲弊感が酷くなっているのだと思います。

そろそろ運動したいな! 明日にでもできそうかな。 子どもは未だ酷い咳をしていて、たぶんもう感染は

しないでしょうが、私も感染したくないので、注意深く無理しないようにしているのです。

因みに、子どもはようやく今日から学校に行けるようになりました。隔離がとけたわけです。

そんなテンション低い状態ですが、会議や雑務を終わらせておかねばなりません。

さすがに、この精神的な疲弊感は、連休もらってリフレッシュせねばいけないと思います。

予定をみると、おそらく今月末。私のスケジュール表は白が続くので、そこで休みたいのですが・・・

ただし、この数日は私がお寺を任されている日なので、私個人の予定がなくても、お寺で埋まる可能性が

あるのです。となると、その次がGW明け。最悪でも、ここは断固として私休みたいと思っています。

でも、約1か月も先なんだな。( ノД`)シクシク…  今のテンションだと、長すぎるように感じてしまいます。

因みに、来週はお休みは一日もありません。しかも、来週再来週と外勤が多いし、土日は法務がある

し。。。ちょっと愚痴でした。さすがに、気持ち的にはやってられない!と思ってしまうのでした。

でも、当然やりますよ!( ´艸`) 

 

さくら 

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

ようやく、2日続けて良い天気となってくれました。

春は天気がコロコロ変わる季節ですね。

晴れた翌日は雨だったり、暖かい日の翌日は寒かったりと、今年はすごく変化します。

そういえば、数日前の西照寺近隣の桜は満開でした。

この桜は、西照寺の境内にある山桜。キレイに満開になっていました。

この桜は、西照寺の山門を出て、300メートルほどでしょうか、進んだ場所にある桜。

どういうわけか、私はこの桜が好きなのです。お気に入り。

今年も見事に咲いてくれましたが、満開の翌日は強い雨が降ってしまい、今年はあまり楽しむことができ

ませんでした。残念。

今はもう、桜に葉っぱの芽がでてきているので、桜は終わりですね。まだ咲いてはいますが、満開は過ぎ去

りました。個人的な感想としては、今年の桜は早かった。満開の状態でいられたのも、2日程度だったんじ

ゃないかな。もう少し長く楽しめればよかったのですが残念でした。

インフレ?

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨日は築地に出勤して来ました。その後、歓送迎会があり、私も出席。

結局、家に帰ってきたのが22時半すぎでした。

私的には、22時半すぎに帰宅するなんて、コロナ以降では珍しくなりました。

コロナ以前なら当たり前というか、22時半はまだ早いくらいでした。

それがこの数年で、ずいぶん変わったなぁと思ってしまいました。

懇親会なども相当少なくなったし、開催しても1次会で帰れます。

さて、そんな懇親会の場で同僚と話ていたら、今では再びインバウンドの影響で

築地近辺のホテルは値上がりしてて、最近ではビジネスホテルでも2万円とかになっている!と聞いて

驚いてしまいました。

私は築地に出勤する時、連日出勤があったり、懇親会があったりする場合、ビジネスホテルをとってもらう

のです。仕事なので、経費計上されるのですが、確か上限が決まっていて1万円未満だったような気が。

これまでも、特に不自由なく利用させてもらっていたのですが、それを聞いて、もう宿泊できないじゃん!

と。でも、仕事上稀に宿泊させてもらえないと、かなり仕事上にも影響がでてきます。

これからどうしよう?と思ってしまいました。

帰りは駅からタクシーを利用したのですが、コロナ前の頃よりも、倍くらいの値段に再び驚いてしまいまし

た。22時半ころって、割増金額だっけ?と思いながらも、かなり値上げされています。

もうタクシーも気楽に乗れない時代だな。と思いました。

それにしても、色々と値あがっています。給料は変わらないのにね( ノД`)シクシク…

乗り切った感

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

今日も元気に迎えられました。(感謝)

いわゆる、今の私の懸念であるインフルエンザに感染していないであろうことがわかります。

良かった。

昨日はお休みでしたが、午前中は色々と立て込んでしまい、ようやく午後からリラックスすることが

できました。それも関係しているのか? 昨夜になると身体の倦怠感が抜けました。今朝も良い感じです。

それで、インフルエンザウイルスに免疫が打ち勝ってくれたんじゃないだろうか!?と思っているのです。

子どもは、インフルB型だったので、解熱後2日間は自宅待機。以降は学校OKとの事らしいです。

いったん解熱していたのですが、昨夜も7.7℃まで上がっていたようなので、今日解熱していれば、

明日まで自宅待機となりそうです。

さて、私は元気なので、予定通り朝、歯医者さんに行ってきます。奥歯の詰め物が取れてしまっているので

その型をとってもらい、来週にそれを装着する予定です。

歯医者さんが終わったら、築地に出勤。そもそも歯医者さんの予定が入っていたので、築地に出勤するのを

午後にしてもらったのです。それでOKと言われたので、今日は午後から出勤なのです。

明日も、一応お休み予定なので、ゆっくりするつもりです。

まだ安心はできませんが、たぶん、大丈夫そうです!

インフルB

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

子どもがインフルエンザB型であることが判明。

私達夫婦は、今の所、元気。インフルエンザB型だったと聞くと、途端に何だか身体が痛いような気もしま

すが、別に発熱しているわけでもないし、普通なのです。

ですから、数日間様子見して生活しようと思いますが、私は今日お休みなので、気楽に過ごすこととしまし

た。ストレスや忙しない心の状態だと、免疫下がりそうだし。

今日くらいは、おおらかにリラックスを心がけて免疫力を高め、感染しないように頑張りたいと思っていま

す。もっとも、感染していたらこれから症状がでてくるでしょうから、そこから思い切り寝込もうと思いま

す。今週の予定は、キャンセルするしかありません。

因みに、西照寺近隣は昨日、桜が満開でした。

コロナ、インフル 流行っている?

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨晩、子どもが高熱を出しました。前日から喉がとても痛いと言っていて、日中にクリニックに行ったので

すが、その時は発熱していなかったので、検査もされなかったようです。

薬を処方され、自室で寝ていました。そしたら夜に発熱。9度以上ある模様。

なので、再びクリニックに連れて行こうと思っています。嫁さんに。私はお寺の法務があるので。

もしかしたら、コロナかインフルエンザかも。というよりも、そっちが濃厚ですね。

昨日、私はお寺でご法事や書斎で仕事をしていたので、子どもとはあまり対面していないのです。

一昨日も、朝と夜だけ、顔を合わせた程度なのです。

子どもが、喉が痛い!と言い出したのが、一昨日の夜。そして朝になったら、酷くなった!と。

それで、土曜日だけど妻にクリニックに連れて行ってもらったのです。それが昨日の昼間。

この流れなので、私よりも妻の方が危ないと思われます。

もし、今日コロナかインフルの陽性だと分かれば、今度は私達夫婦が体調に気をつけねばなりません。

ウイルスは目には見えないからわからないのですね。感染してるのかどうかも。

心配なのは、私は今、心身ともに疲弊していると自覚しているので、免疫が落ちている気がします。

体力的なことを考えたら、妻よりも私の方が危ない。でも、子どもと接している密度からすると、妻の

方が危ない。万一、子どもにコロナかインフルの陽性がでれば、ちょっと懸念が高まります。

ちょうど、春のお彼岸頃から、私も周りでもコロナに感染した知人が数人でています。

流行っている気配ですよね。さらに、インフルになった方も複数人おられます。どちらも流行っているのか

もしれませんよね。

ようやく、今日を終えたら明日、一息つけそうなのに。どうなることやら。

因みに、明日からの一週間は、月・水が休みで、火曜日に築地に出勤予定。木・金では歯医者さん行く予定

とZOOM会議×3件、お寺への来客予定と、私の個人的な仕事の打ち合わせがある程度。

時間的には、結構詰まっていますが、内容的には私が不在でも大丈夫なものと、延期も可能な案件なので、

気が楽ではあります。一番気がかりになるのは、ご法事が入っている場合です。この場合は、延期できませ

んし、私が勤めることもできないので、心苦しい状況になるのです。

明日からの週の平日は、その心配がないので、もし寝込むとしても、かなり気が楽ではあります。

なので、万一、体調が悪くなったとしても、一応何とかなるから、安心ではあります。

運動は良い

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

少し肌寒い感じですが、おそらく例年もこの程度の温度かもしれません。

ですから、これで良いのです。もう冬の寒さはないでしょうから、残るは春の肌寒さだけだと思います。

暖房器具も、まだ出したまま。私の場合、きっとGW頃まで出したままになりそうです。

ただ、13日頃から例年よりも暖かくなるかも!って発表されていたので、それが一時的なものなのか?

続くものなのか?によって、変わってきますね。暖かくなるのは、私個人的には嬉しいのですが。

地球環境からすれば、心配な部分もあります。なので、やっぱり程度がいいですね。

さて、新年度が始まって、そろそろ1週間が経過をします。

私も、結構忙しなかったです。休みが欲しいと言いながら、何とか踏ん張ってこれました。

今日と明日、西照寺ではご法事が勤まるので、しっかりと勤めさせていただいて、月曜日にお休みしたいと

思います。因みに、築地に出勤するはずが、9日に変わってしまいました。

なので、待っていたはずの連休が( ノД`)シクシク…  仕方ありません。 8日と10日の休みの後は、私の予定

は23日まで続くので、もし連休貰えるとしたら、24日~26日までの間。

この3日間は、予定が入っていないので、このままいけば連休がとれる可能性があるのです。

う~ん。23日まではちょっと長い。さすがに、すでに疲れている状態なので、23日まではキツイです。

ただ、そんな疲れた状態なのに、今週から運動を再開したのです。ウォーキングとジョギングを組み合わせ

たもので、様子見に5キロ程度にしています。久々なので、非常に疲れました。軽い運動のつもりなのです

が、結構キツイ。 週に2~3回程度を目安にしようと思っています。

昨日は小雨の中、今週2回目をしたのですが、キツイ。

キツイのですが、しかーし! しかしながら、足も怠くなるのですが、気持ちが上向くのです。

また、身体の調子も良さそうに思えるのです。しかも昨晩は眠れたし。

なので、今日も午後からやろうと思っています。

運動をしたおかげで、連休が遠のいたけど、ちょっとだけ気持ちは上向きにあります。

運動のおかげ。やっぱり、キツイんだけど、適度な運動は絶対に良い!と思います。

またもや、寝不足に。何故なんだ?

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

昨日は雨で若干寒く感じられる一日でした。今日も今のところ、ちょっと寒い。

例年、この程度の温度かもしれませんね。日中は15℃~18℃くらいが丁度いいような気がします。

しかし、最近は気温の高低差が、日によってかなりでてくるので、身体への負担を感じてしまいます。

これまで、安定していた睡眠ですが、ここ4日間ほど、不安定で寝不足になる日もでてきました。

起きてしまうのです( ノД`)シクシク… 今日もなぜか4時間半しか眠れず・・・

頭が少しボーっとしてます。まぁ、今日は築地勤務がメインなので、殊更集中力が必要な場面は少ないでし

ょうから、いいのですが。でもね、この状態でいることが、私的には嫌なんですね。寝不足感を抱いた状態

というのがストレスに近いわけなのです。でも、寝れないのですから仕方ありませんよね。

通勤の電車の中で、少し眠れることを期待して、行ってこようと思います。

では、皆様 感謝ができる良い一日を。

セカセカする性格になったのは

投稿日: コメントをどうぞカテゴリー: 日記

おはようございます。住職です。

以前の予定では、明日から少し休めるはずだったのですが、ちょっとだけ予定が変わってしまいました。

明日は築地に出勤することになりました。新年度ということもあり、私も担当する業務が一部方針変更とな

ったことを受けて、少しチームで確認しておこう!と出勤することにしたのです。

そして、金曜日はようやく一日お休み。そして土日はご法事を勤めさせていただき、来週初めに築地に行っ

たら、ようやく火曜日から3連休となるはずなのです。これを待っているのです。連休が欲しい!

不思議なことですが、もうテンションは疲れ切っていたのですが、新年度となって暖かくなったことも関係

しているのか、少し気持ちが上向いてきたことは確かなのです。やる気がUP

なので、連休を迎える予定が延びてしまったのですが、少し凹みましたが、でも大丈夫! 乗り切れる!

そんな強い気持ちになっています。

振り返ってみれば、2月初めからほぼ連休なくやってきていたようなので、さすがに休みたい!と思うもの

なのですね。私は気分転換が下手なタイプだから、そこがダメなのです。ちょっとゆっくりできる環境を

いちいち作らないといけないタイプ。いわゆる面倒なタイプなのです。

昔、大学生頃までは、真逆なタイプだったのですよ。むしろ、ゆったりできていたし、何なら、いつもゆっ

たりしていたほどです。セカセカしていなかったし、むしろ、できなかった。

セカセカする人間になりたくなかったのです。それが大学4年頃から勉強に打ち込むようになって、大学院

に進学し、学を追求していくようになったら性格が変わりました。

いわゆる、大学院なんて研究を深めることに特化する領域。だからこそ、細かな部分まで追求していかない

と、研究を深めることはできません。例えば、私の専門は真宗学といって、浄土真宗の教義が専門。

しかし、その教義のバックボーンには中国仏教も関係しています。当然インド仏教も。いわゆる大乗仏教

(北伝仏教)も学ばないといけない。特に中国仏教の一部の流れの影響が非常に強くあるため、その一部の

経典も学びます。しかし、西暦500年頃のお経なので、一文字一文字の漢字の意味が、今の私達が理解して

いる意味と違う恐れがあるのです。当時の漢字の意味がどんなものだったのか?それを知るために、当時

すでに中国でも使われていた辞典を調べて、その文字の意味を把握することが必要となるのです。

その為、『説文解字』という辞典を見るのですが、中国語で書いてあるし、そもそも読めない。

そこで、しかたないから日本語に翻訳されている注を見て、私は理解していました。

でも、本来は中国語で読めたほうが、そのニュアンスもしっかり理解できるはずなのです。

少しのニュアンスの違いだけでも、研究には大きな影響を与えてくる可能性があります。

だからこそ、本来は中国語もできるようになって、厳密にやらないといけない。

そんな世界が大学院の常識なのです。

そうなると、やる領域がドンドン広がっていきます。休んでいる暇などありません。

もちろん、気分転換は大事ですが、集中しだしたらずっとやり続けてしまう。

私の場合、論文を書くにあたっても、行き詰ったら気分転換しますが、でも行き詰らない場合は

ずっとやり続けないと嫌な性格だったようで、やり続けてしまうパターンでした。

もっとも、私は研究者になろうと思っていなかったので、幅広く学ぶことはしませんでした。

いわゆる中途半端な感じですね。そもそも、研究者には興味なく、仏教が納得できるかできないか

をわかりたかったから大学院にいったわけなので。

いわゆる、私には上記のようなバックボーンがあって、それが大きく今の私の性格に影響しているのです。

柄にもなく、大学院なんかに進学したものだから、そんな環境に5年以上身をおいたことで、性格が

変わってしまったのですね。細かい部分まで気になってしまうし、セカセカする性格になってしまいまし

た。今でこそ、論文書くわけでもないのだから、ゆったりしていいはずなのです。

でもそれがなかなかできない。そこが私の一つの苦しみではありますね。(笑)

もっとも、本心から変わろうと思っていないのでしょうね。