東松山 長谷部ガソリンスタンド

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんばんは 副住です。
今日は私にとって悲しいお知らせです。
西照寺の近くの目印であったガソリンスタンド「長谷部石油」が本日をもって閉店いたしました。

法改正により、スタンドのガソリン貯蔵タンクの交換が義務化されたことに伴うものです。
タンクを入れ替えるのに1000万以上必要である中、採算状況も予測しての閉店だそうです。
スタンドを経営してきたおじさんから伺いました。(タンクの整備などチェックは欠かさず行なってきたようですが、新法案では、古いタンクは新品に交換が義務化された模様です)
閉店に際し、400人くらいの方々との強く築かれた関係が失われるのだそうです。
お互い(私とおじさん)寂しいね。と話してました。
「長谷部石油」とは西照寺がこの地に移転してきた時(今から30年以上前)からのお付き合いです。
常連なので、困った時には特別扱いしてもらいました。(今だから言えるけど)
あの大震災の際には、流通の問題でガソリンが手に入りませんでした。お参りや外出に困りました。
そんな時、こっそりガソリンを補充してくれました。それも、日頃からの強いお付き合い関係があったからだったと思っています。とても助かりました。
困った時に支え合うことができる関係が、日頃からのお付き合いの賜物であったと振り返ります。ありがとうございました。
個人的に、いつかはこの関係にも終わりの時がくるのだろうなと思っていたのですが、いざおとずれると悲しいものです。
長谷部石油最後の今日、スタンドのおじさんとおばさんにお礼を言いに行ってきました。(僕の後に住職も行ってきたようです)
「長い間お世話になりました。本当に助かりました」感極まった瞬間でした。
最後の給油をしてもらい記念の写真も数枚とってきました。
アップするので、見てあげてください。

(目印だった看板)

(最後の給油機)

僧侶研修会

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
今日は埼玉組の僧侶研修会が築地本願寺にて行われます。
法話についての研修会。一歩深められるか。
役目があるので、行ってきます。
急いでいるので、乱雑ですがお許しください。

仏教Q&A

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記未分類

こんにちは 副住です。
先日、寺務からこんなことを言われました。
「一般の人(お寺以外の人)がお坊さんに聞きたいことってあると思います。
でも住職とかには聞きづらいし、疑問がそのままになってしまうことも多いんじゃないかと思います。
副住職の立場で質問されることがあるのなら、そんな情報をブログでアップしてみてはいかがですか?」
なるほどな、と思い自分(副住)が今まで聞かれた質問を思い出してみました。
私たちからすれば、「え!?」とそんなところに疑問をもたれるんだ!(゚д゚)と感じることもしばしばです。
そんな寺務からの提案にのって、今後たまに「仏教Q&A」(主に浄土真宗)を綴ってみようと思います。
今日は第1回目。法名について。
法名とは、浄土真宗でいただく法の世界に生きるお名前のこと。
法名は生きている時に、これからは阿弥陀様の教えをいただきながら生きてまいります。ということを明確にするために
いただく名前のことです。多くは亡くなった後にいただく形となっていますが、本来は生前からいただくものです。
法名の形は釋○○(シャク○○)と三文字です。(別に院号というものがあって、それは○○院釋○○となります)
・法名について、お祖父さまのご葬儀でこんな質問が。
「あの~、お祖父ちゃんの法名なのですが、釈○○となっていて、釋○○ではありませんが、いいのでしょうか?
亡き両親からは、男性は釋がついて、女性は釈となるんだよ。と聞いたことがありますが、お祖父ちゃんは男性ですが釈となってます。
間違いではありませんか?」との質問でした。
回答はこうです。釋も釈も同じです。旧字と新字の違いです。男性に釋、女性に釈という決まりはありませんよ。
もしかしたら、地域によってそのようなことを言われる地域があったのかもしれませんが、本来分けるべきものとして使用されてはいませんよ。
とお答えいたしました。
「そうだったんですか。ありがとうございます。安心しました。」と安心なさっておられました。
因みに釋OR釈(シャク)の字は、おさとりを開かれたお釈迦様の釈の時をとって、お釈迦様と同じおさとりの世界に往くのですよという意味で付けられています。

西照寺の僧侶

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

住職です
今世紀最大の寒波とのことでした。昨夜東松山の最低気温はマイナス6度と予報されていました。確認しておりませんが、確かに早朝は寒かったように感じました。例年は最低気温は摂氏0度くらいだったと思います。とても寒い冬です。そういえば、来年度から西照寺には新たな仲間(僧侶)が加わる予定となっております。先日、お会いしましたが、副住より紹介をとめられております。後ほど正式な過程を終えてからとのことです。5月か6月だったかな。その頃には加わってもらい、皆様にご紹介できると思います。

LAND CRUISER  年代物

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
昨日はご法事があり、親戚の方が福島から来られてました。
お話すると、この方福島から愛車で来たとの事。
その愛車がこちらです。

32年間乗っているランクルだそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
先日、大阪の工場にメンテナンス?(ボディなど特注で作ってもらい、全てを蘇らせたとのこと)
福島の雪道でも山道でもバリバリだそうです。
格好いいね。
さらに横には、屋号が・・・

お寺に車が入って来た時には、てっきり芸能関係者かと思いましたが・・・
お聞きすると、福島で営んでいるお店の屋号なんだとか(゚д゚)
今時 屋号を持っているなんて、凄い方だなと思いました。
ご本人曰く「目立つじゃろ!来る時も皆が見よる。こんな車他にありゃあせん」と。
確かに目立つけど、「松竹」だけ見ると、誰も屋号だとは気づかないだろうな。と話して盛り上がりました。
因みに、女の子のお孫さん(11歳)と来ていて、そのお孫さんはいつもこの車に乗っているので
免許をとったら、この車を乗るんだと言っているそうです。おじいちゃんは譲れるように 維持していくのだそうです。
おじいちゃん(車の所有者)とお孫さんの約束を教えてもらいました。
なんだか、お念仏の伝わり方を思わされました。
お念仏もこんな風に 代を紡いで伝わっていくべきものなのでしょうね。
お念仏の生活という後ろ姿を後の世代が見る。こんな生活っていいなと思われ 真似をする。
そんなサイクルが続くことを願うばかりです。
そんな言葉聞いたことあるな。 ごしょうに~ん

ブログ メンバー強化

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

おはようございます。副住です。
西照寺ブログは、その名の通りお寺のブログなので、今後は色々な方に書き込んでもらいたいと考えております。
昨日は、運営スタッフのSさんが投稿してくれました。このSさん、僕と同様すぐに風邪をひく方です。
共に、免疫力強化を目標としております(昨日のブログを参照ください)
さて、今後はまだ皆様がご存知ないOさんにもブログ参戦していただくようお願いしてます。(おっと、依頼してはダメなのです。指示するようにせねば・・・(ーー;) ブログに参戦しなさい!)
ふふふ。Oさんは後ほどご紹介させていただきます。
西照寺の変革に欠かせない存在となるのです。
色んな情報や日々の状況をお知らせできたらと思います。
どうぞよろしく。。

風邪を引かない・早く治す方法!

投稿日: コメントするカテゴリー: 仏事のお作法・宗派別情報・お知らせ未分類

こんにちは。本稿西照寺ネット運営スタッフがお書きします。インフルエンザや風邪、まさに今の季節ピークですね。先日ひどい風邪で寝込みました。気をつけていますが、どうしても・・・。
そこで、「風邪を引かない・早く治す方法」というものを集めてみました。民間療法など、有名なものはたくさんありますが、「免疫力アップ」という観点からの方法です。病気を寄せ付けないのも治すのも、自分の体の免疫力で、それを助けてやるという事のノウハウです。実践可能な事は、ぜひお試しください。
1.早寝・しっかり寝る
最近流行りの「10時から2時まで部屋を暗くしてぐっすり寝る」説。様々なメリットが言われますが、成長ホルモンの分泌で、免疫機能がとても強化されるのだそうです。独身の人など特に「ありえない!そんな早寝」と言われるかもしれません。でも例えば「来週いっぱいまで休めない!風邪引けない」という局面、誰にでもありますよね?この方法は効果が分かりやすいので、やって損はないのではないかと思います。
3時間睡眠で有名なナポレオンの話には続きがあります。実はナポレオンは52歳の若さでがんで亡くなっています。日々元気に過ごしていたようでも、やはり免疫機能は低かったわけで、毎日の睡眠で少しづつ差がついていた事もあり得ますね。
2.発酵食品を食べる
ヨーグルト・漬物(白菜・ぬか漬・キムチ他)などの発酵食品を摂りつづけることで、風邪・ウイルス性胃腸炎※などにかかりにくく、かかっても軽く済みます。ウイルスと戦うNK細胞という細胞が、体内の七割くらい腸内にいるため、整腸は免疫力向上には”必須”なのだそうです。
 ※O-157などには効果があり、ノロウイルスは感染力が強すぎ、
  予防は難しいとのこと。ただしノロウイルスも発酵食品の摂取で、
  かかっても軽く済むそうです。
3.体を温める
 風邪を引いて熱が出るのは、病原菌増殖の抑制・白血球機能、免疫機能の促進のためだそうで、最近ではお医者さんも滅多な事では解熱の処方をしないのだそうです。それを知ったスタッフ(私)は、風邪で39度台の発熱の際に試みたことがあります。休み休み、合計20分ほども湯船に浸かる入浴で熱が下がり、身体が楽になりました。まだたった1度の経験ですが、今まで風邪の際は湯冷めなどをおそれて短時間もしくは入らないなどしてきた人生をとても悔いました。
 また、首筋やひざ、足先などを冷やさないようにすると風邪を引きにくく、引いてもひどくなりません。体温(正確には平熱)が1度違うと、免疫力が30%も違うのだそうです。
4.心の動き
 日常生活で、どんな心もちで暮らすかで、免疫力の働きに大きな差が出てくるそうです。
具体的に良いとされている方向は・・・・
信じること、受け入れること、感謝すること、喜ぶこと、笑うこと などです。
仏教の教えにシンクロする部分が多々あると申しますのはお寺のブログとして当然(笑)ですが、日常で仏壇やお墓に向き合う時に、ご自身の人生と向き合う気持ちが生まれる事と思います。どうもそこに大事なポイントがあるようなのです。生きている事への感謝、前向きな気持ち、気持ちを楽に開放すること。仏様を前にして、自分を追い込む人はあまり居ませんね。
また、ネット上(Yahoo!知恵袋への回答)でこんなことを書いている方がいました。
(あまりにも感心・納得して引用します)
「自分を悪人だと考えて悩んでいると免疫が低下します。悪人こそが救われると説くことで自分が悪人だと思って悩んでいる人の免疫を向上させるのが悪人正機説※です。」
 ※悪人正機説とは、浄土真宗の開祖・親鸞聖人が弘めた思想です。
こころと身体の結び付きというのに、科学による解明が追い付いてきたのかも知れませんね。病は気から?? この点はまだまだ調査不足です。もっと勉強してみたいと思います。
ただ・・・
仏道に帰依し、感謝の心を説かれる機会も多い我らが副住職が、風邪を引きまくっておられる現状を見るにつけ、「忙しすぎるとよろしくない」というのも、言えますね(笑)
〈副住です。(ーー;)・・・僕が風邪をひきまくっているということは、本心から感謝ができていないからか!? 親鸞聖人はこんなことを仰られていました。
 『外に賢善精進の相を現ずることを得ざれ、内に虚仮を懐いて・・・悪性侵めがたし』
 意訳・・・
外面に賢い姿をみせようとするな。
内面にはそんな心を持っていない私かもしれないのだから
 ある意味、自分を反省させられます。身体は正直ですね。これからお寺で感謝できる場を整えていき、まずは僕の免疫力を向上させられるか実験してみようと思います。これができたら、拡めようかな(笑)〉
これ以外に予防法として「手洗い」と「うがい」は確実に効果のある王道のようです。
(by西照寺ネット運営スタッフ・副住職監修&コメントありがとうございます!)

永代供養墓探し 埼玉

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちは 副住です。
いい天気が続きます。寒いですが・・・
現在、西照寺の永代供養墓の内装を改装しているのですが、その現場をみてきました。
西照寺の永代供養墓は立派で、皆さんからご好評です(^O^)
従来は、永代供養墓の内部までは入れなかったのですが、皆様のご意向が高いので
現在内装を改装することにしたのです。
もちろん、内部には仏像がご安置されてあり、仏様の空間となっております。
私の発案で、より仏様の空間を体感してもらいたく、改装していただいてます。
そんな関係で少し時間がかかります。しかしゆっくりですが、着実に進展しております。
まだ時間はかかりますが、とてもよくなることでしょう。
画像は撮っておりません。完成する時のお楽しみ。
さて、今から歩いてきます。

軽めの運動から

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 日記

こんばんは 副住です。
連日寒いですね。一昨日からでしょうか。強烈な寒さです。
最近、僕は歩いています。20分くらいですが(^_^;)
今冬は強烈な風邪を2回もひいてしまいました。(インフルエンザはまだです)
去年を考えてみると、夏場前に走っていたこともあって、冬に風邪をひかなかったことを思い出しました。
妻曰く、去年風邪をひかなかったのは、走っていたからじゃないの!?と言われ
「そうかもしれない」と思い、体調も良くなってきた頃合を見計らって まずは歩くことから始めました。
寒いですので、まずは歩くのを20分。腕を振り 少し急いで20分間お寺の境内を歩きます。
20分たつと、軽く息切れとほんのり汗をかきます。
これを続けてちょっとしたダイエットを期待してます。
練馬の先輩は痩せることに成功しました。
僕も約束したので、ちょっと体重を減らしにかかります。
頑張れ! 副住。 負けるな!!副住。
皆様 応援よろしくお願いいたします。

体調管理

投稿日: コメントするカテゴリー: 日記

こんにちわ 住職です
数日前から体調が優れませんでした。風邪をひいたのだと思います。特に胃の調子が優れません。先日胃腸科を受診し、見てもらいましたが特に変わったことはなさそうです。少し元気が出てきた矢先副住が山口から帰省してきました。寺務の者から「住職、昨日まで元気がなかったけど、今日は元気でてきましたね」と言われました。それを聞いていた副住は「そうか、俺がいなくてそんなに寂しかったんだ」と一言。いつも口うるさく言われているので、山口にもっと行っていて欲しかったくらいです。そんな副住は 外を歩き出しました。運動のようです。