日記

2016年を振り返って 副住職のお寺づくり

こんにちは 副住です。
今年も残すところ、あと数日。
今日は、2年ほど前から元旦のブログを遡って、見てみました。
書いてあることが2015年の元旦は、西照寺の方向性を定める年に。
2016年は、組み立ての年に。
と、西照寺という組織の在り方を書いてありました。
私は大学生の頃から、お寺のあり方に妙な危機感を抱いていました。
このままだと、お寺も潰れていくだろうな。という感覚が20代の頃から
何となく感じていました。
しかし、何もできないまま、どうしていいのかわからず、30代半ばを迎えました。
そんな時、「未来の住職塾」というものがスタートすると知り、申し込みました。
「未来の住職塾」は、非営利組織の経営など、寺院運営に関する学びができる塾。
年間6回程度の連続講座。1回は1日中かけて学びます。
お寺という非営利団体を運営をしていく上で、どんなところを大切にするのか。
どんなお寺を目指していくのか。お寺に求められているものとは何か?
などなど、答えは自分が見つけていく。
ただし、どんな部分を明確にしていかなくてはいけないのか!を教えてくれる塾なわけです。
私が求めていたことだったので、即申し込み、6回の連続講座をもれなく受け、自宅で復習し
卒業後も、ずっと考えながら数年を過ごしてきました。
因みに、ここに通ったことからレンタル墓が生まれたのです。
ちょうど私が35歳くらいに塾に申し込んだと思うので、もう5年ほどたつのだろうと思います。6年かな!?
これまで5~6年間、ずっと西照寺というお寺の方向性や、活動について検討してきました。
簡単にいかないのですね。
西照寺の土台ですから、何世代も続くであろうお寺の土台ですから、相当考えました。
社会の雰囲気だったり、現代の思想的なことだったり、お寺が持つ強みだったり。
地域性だったり。(因みに、JCに入ったのは、地域性を知ろうと思って入ったのです)
そんなことを重ね合わせながら、西照寺って、どんなお寺であるべきなのだろう?と。
その過程で2015年の抱負が、西照寺の方向性を定めること。
2016年の抱負が、西照寺という全体の運営理念の組み立て。
そんな部分を完成させたいと思いながら、過ごしてきたのです。
2015年も2016年も、抱負はいいのですが、未完成のままでした。
しかし、2016年が終わろうとする今、ようやく言えることがあります。
それは、やっと、やっと、やっと出来上がりました。
西照寺の理念と活動の方向性。かっちりと完成させることができました。
この一年、2016年は、本当に苦しかった。個人的に本当に苦しい年でした。
苦労した年でした。時間もありませんでした。正直本当に老けました。白髪も増えました。
一応、お坊さんだけど、髪の毛あるんです。(髪の毛のことは、数日前のブログでアップしてます)
2016年は、多忙さにかまけ、流されるまま過ごしていくのではないかな!?と思いました。
でも、でも、でも、何とかやり続けたので、逃げなかったので、完成させることができたのだろうと思います。
後は、これを土台として、西照寺全体の組み立て作業に移ります。
私の当初の抱負からは、1年遅くなりましたね。
2017年は組み立ての年です。
今思うことは、土台がしっかりできたので、組み立ては比較的簡単です。
整えるだけでいいのですから。
あと数年かければ、西照寺の諸々の部分が明確に位置付けられることとなります。
HPも、これに併せて改良していきます。
2017年は組み立ての年、少しだけ見える部分に変化がでてくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です