日記

『国家の品格』を読んでみて

こんにちは 副住です。
昨日、藤原正彦著『国家の品格』を読み終えました。
出版から13年を経て、ようやく読破(笑)
本当に、時代に取り残されているな!と
自分で思います。
しかし、読破してみて思ったことは、
10年以上も前に大事なことが指摘されていながら
しかも、累計270万部を突破している程、広く読まれて
いるはずなのに、現在の日本の状況は当時(本書が出版された)
時よりも、さらに加速されて問題が深まっていると思います。
つまり、『国家の品格』の内容にあるような問題点は深まっている
ということです。同時に改善しようとする大きな動きも広まって
いないということです。
簡単に言うと、昨日のブログに添付した過去のブログ「合理性と感性」
についての問題です。現在でもアメリカに染められた価値観として
合理性ばかりが優先され、経済に重きがおかれる風潮が強いということ。
しかし、長い日本の歴史を見た時、お金に振り回される価値観など
下品であり、そこにアイデンティティーをもっていなかった。
だからこそ、現在のようにお金に振り回される価値観が蔓延し
仕事などで疲れ果て、人生を遂げるという有様が、すでにアメリカ色に
染められた日本人の生き方のような気がして、勿体ない!ということ
なのです。そこで藤原氏は、日本人の価値観に「武士道魂」みたいなこと
が一番大事!と指摘され、そこを教育などで取り戻していかないと
日本がますますダメになる!と主張されていました。
私も本質では同じ考えです。ただし、それが武士道なのかどうかまでは
至っていません。今後それは深堀していきたいと思います。
ただし、本質的な部分(方向性)は全く同じなので、行動に移して
いかないと!!!と本気で思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です