日記

本物の覚悟

こんばんは 住職です。

今日は遅くなってしまいました。日曜日でご法事があったり、私個人の仕事に熱中していたら、ブログ更新

を忘れてしまったのです。現在、9日の22時。

まだ、就寝はしませんが、すでに自分の書斎を出て、入浴を済ませた後なのです。

ふと、ブログを思い出し、珍しく夜なのに更新することにしたのです。

理由は、今年に入ってから毎日継続しているからです。

折角今年に入って毎日継続できているのだから、思い出したら迷わず継続します!

もっとも、このブログを毎日継続したから何なんだ!?という事もありますね(笑)

単なる自己満足ですね。

さてさて、 私は昨年末の大きな反省によって、学びの日々を過ごしています。

今日も、最近の学びによって気付いたことを深めていました。そうしたら、作業に没頭してしまって。

自分なりに思うことは、昨年末の出来事によって、大きく考え方も深まってきたように感じています。

これまでは、どこか甘く考えていた、あるいは適当に考えていた部分があったのですが、それが熟考する

ことが大事であり、私の心のあり方が要であることも理解できてきました。

年末の反省によって、それ以前の自分が甘い考えをしていたことが分かるのです。

きっと、これが成長なのでしょうね。自分で言うのも変ですが。

覚悟が要点であり、その覚悟が本物かどうか? ここが超絶大事なのです。

本物の覚悟ができてから、実行力がでてくるのでしょう。

今は、本物の覚悟の部分で戸惑っています。本物の覚悟って、踏ん切りがいるんですよね。

本物の覚悟って、命をかけることだから。

学生時代にやったことがあるのですが、あの頃は若かったし、無鉄砲で独り身だったしできたことです。

今は、妻帯し家庭をもっているし、仕事もある。ある意味、守るべきものもできてしまったので、無鉄砲

ではいられません。あの事の境地に戻れるのか?と自問すると、情けない事ですが、自信がないのです。

でも、本物の覚悟がないと、次のステップを踏み出せないことも事実です。

どこかで観念しないといけませんね。最近は、そんな事を考える日々を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です