日記

修学旅行

こんにちは 住職です。

今日も寒いですね。土曜日なのですが、珍しく西照寺でのご法事がありません。

ですので、子どもの学校の保護者の集まりに、珍しく出席してきました。午前中のみです。

修学旅行について、学校も大変です。本来は、11月に予定されていたのですが、8~9月にデルタ株が

蔓延したため、9月に早々と諦め、11月に予定されていた修学旅行を2月に延期したのです。

そしたら、9月末から急激に感染が縮小した結果、11月12月はむしろ修学旅行に行けた日々となってし

まいました。結果論ですが。

さらに年末年始にかけて、人と移動とオミクロンが重なり、現在は感染拡大の状況です。

今の状況だと、2月の修学旅行は微妙な気配ですね。学校の判断次第となります。

いまから学校の説明会があるようです。

さて、オミクロン株は重症化しなさそうですし、デルタ株が蔓延した時に感じていた危機感は、私は薄まっ

てしまっています。ただし、医療崩壊は避けねばなりません。

必要な人に医療が回らない状況こそ、私は避けるべきだと思うからです。

正直、オミクロンの症状を聞くと、大丈夫そう!と思っていますが、感染爆発することで医療関係者が

行動を制限されてくると、例えば、コロナ以外の病気でいち早く手術したい!と願う人に、医療が対応で

きなくなって、手術が延期されてしまう!など、そんな状況を発生させてはいけないな!と思うのです。

もし、そんな状況になれば、当事者や親族は、悔しくてしょうがないと思います。私がもし当事者だった

ら!と想像するだけで、とても嫌な気持ちになるのです。

だからこそ、やはりオミクロン株に感染しないにこしたことはない!とは思います。

なるべく感染しないように気を付けて、社会を回していく必要があります。

危機感が薄まった今こそ、不要不急の用事は避けるべきですね。

私にとっては、気軽に外食することや、夜の懇親会などは、今は不要不急の部類に入ります。

それらは、もう少し我慢できると思うので、我慢しようと思います。

でも、学校の修学旅行は、なるべく気をつけて、行かせてあげられないのかな!?と思う気持も

正直あります。ここら辺は人によって考え方も異なるので、非常に難しいところだとは思います。

せめて、3月に延期して、感染状況の推移をみるなど、可能性を探って欲しいと思う部分も正直ありますね

。もちろん、学校も検討済みかもしれませんし、急な対応ができない部分もあるでしょう。

なにせ、全国の学校が同じように考えているでしょうから。ホテルなどの都合もあるでしょうし、予約状況

にもよるでしょう。なかなか難しい状況ですが、どうなるのでしょうね。

兎に角、私はオミクロンが落ち着けば、新型コロナウイルスも、そろそろ出口になるのだろう!と淡い期待

を持っているのです。感染症は、3年で落ち着いてくると聞いているし、実際に弱毒化していそうなオミク

ロンの状況をみると、そんな風に思えるようになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です