日記

自分からの電話

おはようございます。副住です。
昨晩、不思議な事が起こりました。
21時半くらいのことでした。娘を寝かしつけていた時、お寺の電話がなりました。
両親がでないので 慌てて起き上がり受話器をあげました。
「もしもし」すると・・・ 「○○○○だけど」
私は思わず「え!?」と言いました。すると突然「ツーツー」と切れてしまいました。
○○○○は私の名前が入ります。
つまり電話にでると、相手が私の名前を名乗ったのです。
ここまで聞くと、振り込め詐欺だな!と思われる方が大半だと思います。
しかし、そうではなさそうなのです。
というのも、相手の声が私だったのです。
自分の声はレコーダーや録音で聞いているので、わかっています。
どんな喋り方をするのか、普段自分で自覚している声と随分違い、変な声や話し方してるな!と自覚してもいます。
だからこそ、間違わないと思います。自信をもって自分の声はわかります。
受話器の向こうから、自分の声で自分の名前「○○○○だけど」と名乗られたのです。
だからこそ「え!?」と動揺してしまいました。
すると瞬間的に「ツーツー」と電話は切れてしまいました。ガチャってきれたのなら受話器を置く音も聞こえるのですが
そうではなかったのです。受話器を置かずに意図的に切ったかのような切れ方でした。
鳥肌がたちました。気持ち悪い。
妻や両親にもこのことを話ました。すると、なぜか明日気をつけなさい!と言われました。
本来は、毎日気をつけて生きねばならないはずですが、なかなかできません。
これを機会に、今日を気をつけて生きようと思っていますが・・・
それにしても不思議なことがあるものですね。もちろん、変な悪戯の可能性もあります。
もしかしたらですが、真似されたことを自分の声だと勘違いした可能性もあります。
よくわからないですが、自分から自分に電話がかかってきたら気持ち悪いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です