日記

岸田首相 持ってないのかも

こんにちは 住職です。

昨夜はまたしても、熟睡できず。今朝から頭がボーっとしている感じです。

こうなると、読書がはかどらないのです。

昨日は、スッキリしていたので、読書の質も深くはかどりました。学びが大きかった。

でも、今日はダメなのです。悲しい。

さて、エリザベス女王がお亡くなりになりました。

昨夜、最近の携帯は、注目ニュースなどがあると、新着ニュース!と知らせてくれるのですが、

その知らせで、イギリスの女王の医師団が、エリザベス女王の健康に懸念!とのニュースがありました。

記事を読むと、スコットランドにいる女王の元に、チャールズ皇太子やウィリアムズ皇子などが駆け付けて

いると書かれてあったので、もしかして。と予測していたのです。

ただ先日、新たに首相に決まったイギリスのトラスさんが、エリザベス女王と謁見していた動画がTVに移っ

ていたので、お元気なのだろうと思っていたばかりだったので、ちょっと驚きました。

もしかしたら、映像は過去の映像だったのかもしれませんね。私、そこまで確認していないのでわかりませ

んが、たまたまTVを見ていたら、その映像が流れていたので、つい最近の事だと思っていたのです。

もっとも、女王はご高齢だし、急な事もあるでしょうが、今朝、号外ニュースを見て、やっぱりな。

と思わされました。印象強い女王でしたので、寂しい感じもしました。個人的感想です。

さて、これは絡めてはいけないことなのですが、私はこれで岸田首相はさらなる劣勢に立たされるのだろう

な。と感じてしまいました。もしかしたら、岸田首相は「もってない」のかもしれません。

エリザベス女王が亡くなったことで、世界各国のリーダーの関心は、イギリス女王に向かいます。

日本で安倍元首相の国葬を行うニュースは、関心毎から消えてしまうかもしれません。

すでに、世界のリーダーは国葬に参列しない!との情報もある中で、エリザベス女王の訃報は、

余計に日本への関心をそぐものでしょう。

よくよく今の報道を聞くと、安倍元首相の国葬は、当初は麻生太郎副総裁の要求だったと言われており、

それを受け入れたら、今度は安倍元首相と旧統一教会との関係がクローズアップされてきて、自民党へと

派生し、国民がショックを受ける!となってしまった。おそらく、そこも多いに関係し、国葬反対の声が

日に日に高まっていったのだと想像されます。

国葬を決めた当初は、ここまでの声はなかったし、エリザベス女王の件だってありませんでした。

これは結果論として、全てが良くない方向に流れるという顛末。

国葬を決めた時は、世界から弔意が示されている!と、その意義を語っていましたが、現況の報道から

言えば、世界の弔意は事件直後だったからの話し。今の弔意はエリザベス女王に対してです。

もしかしたら、本来は大々的であるべき国葬が、とても寂しい国葬ともなりかねません。

あまり想像したくありませんが、もしかしたら安倍元首相の最後の機会に、最大の汚点を残す形になって

しまうのではないか? と思えてなりません。

しかも、そんな流れを引いてしまいそうな岸田首相は、一発逆転がない限り、持ってない首相と言えるかも

しれません。国のトップであれば、「持ってる!」は必須でしょう。

「持っていない」のであれば、早々にお辞めになるべきでしょう。

「持ってない」のであれば、日本に良くないから。厳しい事ですが、やはり「持っている」方でないと

一国の首相なのですから、先が暗くなってしまいます。

私は時の政権に対して、肯定的でも批判的でも、今の所ありません。

でも、呼び込む状況を見ていると、あまり良くない方向に向かうばかりで、残念感が増すばかりなのです。

やっぱり、良い方向に転んでいきたいとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です