日記

442年ぶり 皆既月食と天王星も隠れるという現象

こんにちは 住職です。

昨日は、442年ぶり!?

皆既月食と、天王星がその月に隠れる!という、珍しい現象が起こる日だったそうです。

私は川越少年刑務所の教誨を終え、車内でTVの音声を聞いていた17時頃に、その事を知って

月を観察することに。。。以前の月食は写真に上手に映らなかったのですが、今回はこんな感じに。

この少し後が。

段々と月が上の方に移動していくので、観察ポイントも移動することに。。。

ずいぶん、隠れました。そして最後が・・・

写真の真ん中、中央あたりのぼんやりと明るいのが月です。

今回はなかなか上手にその様子が写せました。

しかし、天王星が月に隠れるというのは、ちょっとよくわかりませんでした。

きっと、月の裏に天王星があったのだと思われます。

よくわからないけど、たぶん、太陽と地球と月と天王星が、ちょうど直線的に位置していたという

事なのかな!?と理解していますが、もしそうであれば、珍しい現象ですよね。400年ぶりっていうのも

頷けるし、逆に、え!?400年でもう一度あるの?周期が意外と早いな!と思うくらい。

次は300以上後だと言われていたので、私はもうこの世にはいませんね。お浄土から観ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です