日記

ゴミ袋に選択ばさみ

こんにちは 住職です。

昨日は西照寺盂蘭盆会大法要を勤めました。

午前に2回、午後に1回の合計3回に分散して勤めました。

西照寺の御本堂は、詰め詰めで椅子を設けると、60~70名ほどで満堂となります。

しかし、椅子も間隔をあける方が良いし、感染対策をすると、30席を設けるだけで満堂となります。

昨日は、30席を設けたのですが、全て満堂でした。なので、90名ほどの方がご参列くださったのですね。

ただし、コロナ禍となって以降、着席できるようになってからは、参列できるのは、一家族で代表者様

3名様までと制限をお願いしており、それより増える場合は、待合室で待機いただき、

お焼香の時にお声がけし、御本堂でお焼香をしていただくようにしています。

お焼香が終わったら、また待合室に戻っていただくようにしています。

一応、そのような工夫をして、コロナ禍での法要は凌いでいます。

昨日は、私が今のコロナはエアロゾル感染かもしれないと思っているので、換気を徹底することにしました

。扇風機とサーキュレーターを全部で本堂だけで6台設置。暑いので、法要直前までは締め切って

エアコンを聞かせました。法要開始5分前くらいから天窓を開け放ちました。

入口は開けっ放し、天上の窓4つを開放し、空気を循環させました。新しい対策でしたが、おそらく

空気の滞留は減らせたと思っています。

これまでは接触感染だったので、発熱チェック、手指の消毒や、マスク、手すりや人が触れる所をたびたび

拭き掃除とアルコール消毒してきましたが、今回からエアロゾル感染を意識し、手指の消毒や拭き取り消毒

などは行わないで、空気の循環と施設の窓を悉く開け放ち、サーキュレーターを用いて風を起こしました。

暑かったけど、早朝からエアコンを入れて建物を冷やしていたこともあり、窓を開けてても、少しだけ涼し

い場所もありました。皆様には暑い思いをさせて、不快な気持ちにさせてしまったかもしれませんが、

昨日の法要の際にも、ご説明いたしました通り、私がコロナ感染と持病の悪化を経験したことで、

皆さんにはコロナに感染して欲しくない!との思いからの判断だったのです。

皆さんにはお詫び申し上げながら、しかし、誰一人不満を述べられる方はおられませんでした。

皆さん、ご理解くださって、ご先祖様にお参りされていました。

さすが、お盆ですね。皆さん、不快ではあったと思いますが、そんな素振りを見せることなく、

グッと堪えておられたのだろうと想像します。お陰様で何とか大法要を終えることができました。

尚、夕刻に土曜日にご門徒Hさんが、台風上陸直前に西照寺のお掃除と、境内のゴミ回収をいてくださり、

準備万端だったのですが、昨日、ゴミは一杯になりました。

そこで、私が久しぶりにゴミ回収と袋の入れ替えを行いました。

そしたら、さすが西照寺のご門徒Hさん、ゴミ袋の入れ方もあって、下の方に洗濯バサミを用いておられた

のです。これはなかなか良いアイデア。すぐに取り出せるのですね。さらに、水抜きも関係しているのでし

ょうか。私も袋を入れ替える時、袋の下側や端っこに指で穴をあけ、雨水が抜けるようにしたのですが、

洗濯バサミをどのように挟み込むのか?までわからなかったので、もしかしたら、Hさんからお叱りを

受けるかもしれません。大変申し訳ありませんでした。違ってたらごめんなさい。

因みに、私の父は今日も元気です。たぶん、大丈夫そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です