イベント日記

8/16 肝だめし(IN西照寺)

こんにちは 副住です。
夏なのに、昔の夏(温度が)のような感じですね。このくらいだと助かりますね。
さて、今日は今月16日(お盆の最終日)19時から西照寺(大谷浄苑)にて行われる「肝試し」のご案内です。
昨年から「西照寺こども祭り」と並行して企画されているイベントです。
お盆の終わりに お寺で坊さんの話(地獄や六道輪廻の話)を聞いた後、真っ暗な夜道(参道)を提灯一つで歩きます。
悪いことをしていると自覚している者にとっては、話を聞いた後の肝試しは きっと恐ろしいことになるはずです。
こども達に怖いものを教える!これもお寺がしなくてはならないことかもしれませんね。
私(副住)は最近思います。近頃は怖いものを教えるということがないのではないか!?
また地獄の話(六道輪廻)などを聞くことが少なくなってしまっているのではないか!?
私が小さい頃は、悪いことをすると閻魔様が見ているので、怖い世界に行ってしまう!だから悪いことはできない!と教えてもらいました。
小さい頃に教えてもらったことは、今でもすんなり心に染み付いています。だからこそ誰もみていないからといって、悪いことはしないようにしようと思う心が働いてくれます。
抑止ということですね。
しかし、現代のように閻魔様が見ている!という心がなかったとしたら、怖い存在がなかったとしたら
誰もみていなければ、何してもいいや!と思う心が出来上がるかもしれません。
19時からの坊さんのお話しで 自分のしてきたことを見直してもらい、一人で真っ暗な夜道を歩いてもらう。
誰もが悪いことをしたことがあることでしょう。些細なことかもしれません。しかし、その悪いと自覚した心でもって
心細い状態となり、夜道を歩いてもらうのです。
参加者の人数にもよりますが、19時~20時までを目安に「肝試し」を行います。
どうぞご参加ください。お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です