日記

親鸞聖人御旧跡

おはようございます。副住です。
昨日の続きです。
善光寺さんの参道脇にこんな看板が。
親鸞聖人は善光寺に来たと言われていますので、旧跡があるので
すね。因みに、なぜ親鸞聖人が善光寺に来たかと言えば、善光寺
のご本尊は、阿弥陀如来だからです。
実は日本に仏教が伝来したのが、この善光寺の御本尊であったと
言われていたりします。日本史では、蘇我氏が物部氏を破って
仏教を取り入れたと習いましたが。その数十年前に、阿弥陀如来
の仏像が日本に伝来していたと言われている説もあるのです。
因みに、親鸞聖人の在世中、善光寺の本堂が焼失して、建て直す
お金がなく、困っていたというのです。そこで、善光寺の本堂を
建てるため、僧侶が各地を廻って活動し、寄付をいただいていた
僧侶が複数いたと言われています。いわゆる善光寺聖(ぜんこう
じひじり)と言われます。各僧侶が背中に、善光寺の本尊、
阿弥陀三尊像の小さなレプリカを背負って、各地を巡っていた
というのです。親鸞聖人も善光寺聖として、一時期活躍したの
ではないか?という学説もあるのです。有名な先生もその節を
とっています。ただし、その際背負ったであろう阿弥陀三尊像
が見つかっていないので、決定的な証拠はありません。
そんなこんなで、善光寺と親鸞聖人は関係があると言われていま
す。たぶん、私も善光寺に行かれたことはあるのだろうと
理解しています。そんな背景から、上記写真で書かれてある
ように、親鸞聖人が滞在された坊と書かれてあるのでしょう。
三百日も滞在されてたと書かれてありますが、そこまでは
よくわかっていません。伝承かもしれないし、事実かもし
れません。さて、その坊の写真もとってきました。
もちろん、当時とは変わってますが、雰囲気ある場所ですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です