日記

親知らず

おはようございます。住職です。

昨日は歯医者さんに行って、治療をしていただき、

奥歯に痛みと違和感を抱えながら、夜は青年会議所の総会リハに参加してきました。

12月9日に、公益社団法人比企青年会議所の今年度最後の

例会が開催されます。総会の後、卒業生を送る会も催されるのです。

因みに、比企青年会議所は40歳で卒業となります。

年度の期間は1月1日~12月31日までとなり、その年に

40歳を迎えた人は、卒業となるのです。

早生まれの人は、12月31日までに40歳にならないので、

翌年卒業となっていきます。

今年の比企青年会議所の卒業生は9名。

総会と卒業生を送る会。共に失敗ないよう、リハーサルをしっかり行っていくのが、

比企青年会議所の慣例なんです。

それでも失敗するんだから、難しいものです。

私は歯が痛く、違和感を感じている中、1時間半まで参加して

いたのですが、無理すると熱とかでたら嫌だったので、早退させてもらいました。

帰宅後、お風呂でゆっくりと温まって、患部を気遣いながら、食事をし、就寝しました。

今朝、起きてみると痛みと違和感はだいぶ緩和しています。

朝食も採りました(気遣って左側で噛んでます)が、痛みはひどくありません。

もちろん、ちょっとだけ違和感なのか痛みなのかはあるのですが、昨日と比べたら随分まし。

もしかしたら、歯茎を焼いたので、それが痛かったのかもしれません。

因みに昨日、右下奥歯のレントゲンを撮って、見せてもらったのですが、

「親知らず」があり、それが右奥歯を押していました。

もしかしたら、親知らずが奥歯を押していて、これまで隙間があった

奥歯の箇所に、がっちりと詰め物をした結果、違和感が生じたんじゃないのか?

と私は勝手に妄想してたのです。

先生は「親知らずが奥歯を押してますね」と言ってましたが、

それだけだったので、プロから見れば、深刻な状態ではなかったのでしょう。

今朝の状況と照らし合わせ、きっと歯茎を焼いた

ことが痛みと違和感の原因だったんだ!と結論づけています。

親知らずを抜くとなると、また大変だから、できればこのまま

安定していて欲しいです。

私は今まで、親知らずを一本しか抜いていません。

親知らずを抜く時、骨がバキバキっと音をたてて、驚いた記憶が

あります。ちょっと怖かった。血も沢山でたし、もう抜きたくないですね。

因みに、親知らずを抜いた時、全体のレントゲンを撮ってもらったのですが、

私には4本の親知らずがあることがわかりました。

(因みに、親知らずは皆が4本あるわけではないそうです)

抜いた親知らずは、歯茎の外まで出てきていたのですが、

残りの3本はまだ歯茎の下奥の方にあったので、その時は問題

ありませんでした。でも昨日のレントゲンをみて、ついに奥歯を

押す部分まで上がってきたのか!と、ちょっとショックでした。

いたずらしなければ、抜かなくていいのでしょうが、ちょっぴり

不安ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です