日記

2019年度 比企青年会議所 総会と卒業生を送る会

こんにちは 住職です。

昨日は、公益社団法人比企青年会議所の今年度

最後の例会と、卒業生を送る会が盛大に開催されました。

私にとっても外部監事として、ようやく最後の例会となりました

まずは、写真を沢山撮ったので、ご報告がてら。

総会会場です。このような雰囲気の中、緊張感を大切に総会が開催されます。

総会は、正会員が議決権を行使でき、さらに執行部に対し、意見ができる正式で唯一の場ですので、

真面目に緊張感をもって、さらに所作を綺麗に礼儀正しく開催するのが比企JC流です。

無事に4議案が可決し、総会は終了。その後、卒業生を送る会に・・・

卒業生には、顔入り写真の幟を作成。

名前入りだけど、個人情報はもういいですね(笑)公益社団法人だしね。

ということで、今年の卒業生の8名分の幟が掲げられました。

卒業生と関係ある、他の青年会議所の仲間からは花が送られてくるのです。沢山きたね。

比企青年会議所のOBである森田市長もご参加くださり、歴代理事長を代表して挨拶くださいました。

そして、いよいよ現理事長から次年度理事長へのバトンを渡す儀式。

プレジデンシャルリース伝達式が行われます。

写真右が公益社団法人比企青年会議所現理事長です。

首からかけられているのが、プレジデンシャルリース。

これは理事長しか掛けることができない物。歴代理事長から受け継がれてきた

責任の重さが詰まっているから、重いのだそうです

私もかけたことがないので、わからないけど。。。

これを左側に立つ、次年度理事長予定者に伝達するのです。

伝達する作業は、歴代理事長の手によって行われます。

ということで、ご参加くださった歴代理事長の皆様が登壇。

現理事長からプレジデンシャルリースを外し・・・

歴代理事長の手を介していって、次年度予定者の首にかける。

これが伝達式なのです。

そして、メインは今年の卒業生。今年の卒業生は色が濃いな。

まずは県議

おめでとうございます!最近は、あちこちでポスター見ますね

(笑)埼玉県議としてご活躍のY君も、比企青年会議所を卒業されました。

10年もやってたんです。私よりも入会は先輩なのです。お疲れさまでした。

そしてさらなる比企の地を良くするべく

ご活躍を期待してます!頼むよ県議!!!

続いて、まっつん!!!

理事長も経験され、比企JCの顔とでも言える程、対外でもご活躍されました。

また、家業では社長を勤められながら、業績を伸ばしておられます。本当に凄いですね。

でも来年は私と同じく外部監事ですって(笑)ぷぷぷ(笑)

私が言えたものではありませんが、本当にJC好きですね。

来年は肝心です。監事はかなりポイントになる年だと思うので

是非、比企JCを宜しくお願い致します。

つづいてヒロちゃん。

いつも楽しいヒロちゃん。大きな会社の社長様のご子息です。

比企JCに欠かせない楽しいふざけた存在感あふれる頑張り屋さん

縁の下の力持ち的な行動でずっと近年の比企JCを支えてくださっていました。

卒業が近づくにつれ、体調不良が続きましたが、

それも頑張りすぎからきたものでしょう。要は年なんだよ!年(笑)。

そろそろ年齢も考えて無茶苦茶はほどほどに。

来年からいなくなると思うと、私の知るおバカな比企JCではなくなってしまいそうで、

気持ちに寂しくなります。

ここまでが、私よりもJCへの入会が早い、いわゆる先輩達です。

つづいて、陽ちゃん。

頑張り屋さんの陽ちゃん。最初はふざけた奴かも!と思ったのですが、全然違いました。

むしろ、素直で真面目。そして、男!

言ったことはやる!そんな単純なんだけど、とても信頼できそうなタイプ。

そういえば、あの件はどうなった?

陽ちゃんは、ネガティブな事を言わない。耐える男。

私とは、真逆なのです。見習いたいと思います(笑)

今年は最終年度で、委員長をしっかりと務めてくれました。

私からの印象ですが、しっかりとやる!安定感!ですかね。

つづいて、りゅうくん。

柄が悪いタイプ。それを自分で言っているからおもしろい。

私もJCじゃなかったら、話しかけません。(笑)

でも、本当に凄いのは、柄悪いのに、いい奴!の一面があるのです。

たぶん、りゅうくんはとても素直な部分があるのでしょう。

驚くことに、人集めが必要な時に、多くの後輩を引き連れてくることができるのです。

柄悪いのに・・・です。(笑)

私は教誨師だから刑務所行っているので、筋金入りの方との

対面もありますが、そういう方は柄悪いというのとはちょっと違う。

確かに柄悪いんだけど、りゅうちゃんのようではないのです。

りゅうちゃんの柄の悪さは、むしろ素直さの表出なんだと思います。

ただし、多くの人は、陽ちゃんのような表出の仕方なんですよ!りゅうくんは真逆の珍しいタイプ。

そんな奴がいてこそ、JCの魅力は倍増するのです。でも卒業だから残念ね。

つづいてアンドロイド

マイクに顔が隠れてしまったよ。アンチJCで、なかなかJCに入らなかった人。

JCの人から勧誘を受けたので、一応入りますが、

すぐ卒業する年になってから入ります!アンチなので。とか言ってたのです。

そんな背景があって、私が最初の外部監事を終えてからアンドロイドが入会したので、

一緒に活動はできないものと思ってました。

そしたら、もう一度、呼び戻されたことで、アンドロイドの最終年に一緒に活動ができました。

特に、アンドロイドは今年委員長を務めてくださったので、理事会でもご一緒させていただきました。

アンチJCだったのに、理事会で一番楽しそうにしていたのが、印象的。

最後の卒業生のスピーチで、やってみなければわからない!やったものにしか、わからない!と

発言されてたので、思わず笑ってしまいました。数年前のお前だよ!!!と(笑)

それにしても、ずいぶん主体的に取り組んでる姿を拝見し、

完全にJCマンじゃんと思いました。とても良いと思います。

今後、どうなるかな!?楽しみですね。また、お会いしましょう

最後に、かずくん

今年、はじめてかずくんと活動させていただきました。

理事ではなかったので、理事会などではお会いできなかったけど

事業や例会でお会いした際に、少し話せました。

私もそうだったのですが、卒業年齢に近くなってJCに入会すると

執行部やメンバーもだいたい年下。だけど、JC歴は下なので、気を遣うんです。

年下に「さん」づけしたり、

歴の長い年下から生意気な発言をされたり、上から目線で言われたり。

ちょっとムッとする時もあったと思います。

私の場合は、そういう部分をあまり気にしないので、ドンドン慣れていき、

時間と共に、逆に周りが気を遣ってくれるようになってきましたが、これは人にもよるのだと思います。

聞くところによると、かずくんは

中学の同じ部活の後輩が、JCに先に入っており、執行部を勤めていたそうです。

かずくんが入会してきた時、その後輩はどう接していいか、悩んだそうです。

それなのに、かずくんは大人ですね

後輩をたてて、役職名で呼ばれて、色々と質問してきてくださったその行為に助けられた!

と話してました。

私も一度、かずくんに「JCはどう?」と聞いたことがあるのですが、

「仕事場の世界だと世界が狭くなってしまうけど、ここは色んな人がいて、

色々と学べるので世界が拡がって楽しいです」と

話してくださいました。その姿勢こそが、かずくんなのでしょうね。

私もとても印象深く学ばせてもらいました。

特色ある濃い多くの卒業生が現役ではなくなってしまいます。

あと残りも20日ほどか。寂しいけれど諸行無常。

だんだんと年をとっていくんだなぁ。

因みに、私もこれで晴れてJCから抜け出させます!

ようやくお役御免。正直、2回も外部監事やるとは思わなかった

自分でも引き受けさせてもらっていながら、馬鹿だな。と。

でも、お声がけいただけることって、とても有難いし嬉しいこと

ただそれだけで、お引き受けさせていただいたのです。

もちろん、お声がけくださった方を見て、判断してますが、

これでようやく荷が降ろせます。

誰も言ってくれない(小川町の酒造屋N社長さんだけが言ってく

れたけど)から、自分で労ってあげることにしました。

お疲れ様でした。

因みに、外部監事は孤独に去っていくものなのです。

これまでも外部監事だった先輩の後ろ姿みてきたら、そうだった(笑)

でもね、それが外部監事というものなのです!

主役になってはいけない、

あくまでも影の立ち位置から現役を見守る。監視する。

それが外部監事なのです!!!ふふふ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です