日記

同級生

おはようございます。住職です。

昨夜は、高校時代の同級生に、仕事上の相談にのってもらいました。

やっぱり、私が至っていない点をご指摘くださいました。とても勉強になりました。

こんな時に、頼れる友人を持っているかどうか。

私は35歳以降になって、色々な人から話しを聞いたり、自分の経験と照らしてみて、

小学校時代から勉強しなさい!と言われた意味が、よくよくわかるようになった気がします。

私的には、大学時代から勉強をし始めたわけで、遅咲きですが、それでも勉強というのは、やる気さえ

あれば、いつでも開始できるんだから、小中学校時代に無理してやらなくてもいいんじゃないか!と

考えていました。しかし、違った角度からみてみると、以下のような事も言えますね。

それは、小中学校の時に勉強せず、高校受験をする。高校になれば、学力のレベルによって高校が変わって

くる。中学までは、公立であれば学力レベルの違いによる、学校の違いなんてありません。

しかし、高校からは公立であろうと私立であろうと、学力の差がでてきます。

小中学校で勉強できないと、高校も学力の高い高校にはいけません。

同程度の学力の同級生が集まるわけです。

例えば、日本でも有数の学力の高い高校であれば、その同級生たちの進路や、その後の仕事も、それなりに

影響力を持つような立場に発展している可能性が高いです。

しかし、学力がそうでもない高校であれば、その同級生たちの進路も、それ相応となる可能性が高い。

もちろん、例外はあります。ここでは、総じての可能性のことを言っています。

こうなってくると、例えば社会人となって仕事をするようになると、どこかで相談事などがあった場合

その道の最前線で活躍する人や一流の人に相談できるほど、ラッキーなことはありません。

でもそんな友人なんて、普通はいません。

私が35歳を過ぎてから知った、いわゆる凄い人達は、結構繋がっているんですね。高校の同級生!とか

同級生の知り合い!とか。つまり人脈なのです。

私はこの年齢まで、人脈という部分の凄さを、あまり意識してきませんでした。

しかし、人脈はとてつもなく凄いものです。この人脈は、私的に思う事ですが、これは幼少期の頃築けた

ものほど、気軽で嘘が無く、安心して築けるものじゃないだろうか!と思ったりします。

小学・中学・そして高校時代。特に高校時代は、同レベルの学力を持った者が集まるのですから、

高校は大事な場所かもしれません。それを感じ入るこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です