日記

法事で浄土真宗本願寺派のお坊さんを呼びたい 

おはようございます。住職です。

寒さが厳しくなってきましたが、日中は良いお天気なので、助かります。

天気予報では、例年並みの気温との事なので、11月中旬の日中の気温は、18度くらいなのでしょうか。

私は運動をしていたせいなのか(最近は休むようにしてますが)、筋肉がついたのか?よくわかりませんが

、今の所、寒いけれど大丈夫です。この程度の寒さは問題なし!と感じています。寒いの嫌いだったけど、

明け方の寒さとかも、今のところ大丈夫です。

さて、今日は西照寺のご門徒様以外から、ご法事のご依頼があったので、今日は私がお参りに伺います。

最近、西照寺のご門徒様(西照寺にお墓がある皆様)以外、いわゆる、「お墓は他にあるんだけど、お坊さ

んと付き合いがないし、浄土真宗本願寺派なんだけど」という方が、ホームページか何かで調べて、近くに

あった西照寺を見つけてくださり、「法事をお願いできますか?」とのご依頼を頂戴します。

もちろん、予定を合わせてお受けいたします。この場合は、ご自宅に伺う時や、お墓のある場所まで伺い

ご法事を勤めます。

貴重なご縁ですが、今の所ですが、西照寺としてはその後、都度ご連絡をこちらからしたりすることは

控えています。だって、もしかしたら、あのお坊さんでは嫌だ!と思われることもあるでしょうし、

もし気に入っていただけたら、再度、ご連絡をくださるでしょうから、その意味で、頻繁にお手紙を

差し上げたり、ご連絡をするなどはしていないのです。

もしかしたら、頻繁にお手紙を期待される方もおられるかもしれないので、果たしてどちらがいいのか?

まではわかりませんが、今の西照寺は、そのようにしているのです。

ただし、ご法事を大切にされるのですから、その意味では私も真摯にご法事を勤めさせていただきますし、

これはもちろん西照寺の中でも当然のことです。その為、ご法話は必ずさせていただきますし、

仏縁の意味をついつい私は説明しようとしてしまうのです。

本当は(深い部分では)、仏縁に意味など不要だし、ただただ有難い仏縁をいただくだけ!との感性こそが

本義なのだろうと、最近は思っています。しかし、私自身、現代病(理論的な説明が欲しい)に感染してし

まっている為、ついついそこに理論づけをしてしまいたくなるのでしょう。本当に情けないことです。

現代人(私だけかもしれませんが)は、知識量は増えたのかもしれませんが、感性が脆弱になってしまった

と思うのです。バランスが悪い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です