日記

ニュータイプ

おはようございます。住職です。

昨日も温かなコメントを頂戴でき、しかも、私が大変お世話になり、大好きで頭が上がらないお方からの

コメントでしたので、とても嬉しかったです。見てくださっているのですね。(恥)

ブログを見てくださっている皆様には、ご心配をおかけしてしまったようです。

申し訳ありません。

でも、私も僧侶でありますが一人の人間ですし、娑婆世界で生きて居れば、当然人間的な苦しみや悩みは

皆様と同じである!ということも、隠さないでオープンにしたいと思っています。

ただし、宗教者として、おそらく宗教を持ってない方と比べた時、おそらくだけど、こんなに苦しい時でも

心の奥底では揺るがない核心が備わっているので、苦しみながらもパニックを起こすことはなさそうです。

それをとても強く感じています。なので、私は宗教を持つことができて良かった!と強く思います。

もし、宗教がなかったら、こんなに苦しい状況を前に、パニックになり、心が閉鎖的になっているかもしれ

ませんし、あるいは、この状況を何か(例えば、悪霊とか)のせいにしたいと心底思うかもしれません。

こんな事をブログで綴りながらも、私は元気にしてはいます。凹んではいますけどね(笑)

しかし、人生って不思議なもので、今回の件のように、自分にとって都合の悪いことが色々と重なって、

自分が全然意図していない方向に流れができてしまって、事態が進んでしまう事実を体験しました。

しかも、私の場合、全然関連していない3つの事態が、ある種同時進行的に、私が全然意図していない方向

へと進んでしまったのです。不思議と。いやいや本当に全くの不可思議。

そんな流れが、特に10月頃から続きました。だから、この2か月ほど、強烈な苦しみを抱えていたんです。

もっとも、家族の命に係わるような案件ではないので、考え方によっては、知れてますが。

今は、若干前を向けそうな状態にあります。

たぶん、試練だったのでしょうね。

先日のブログでも綴ったように、たぶんこの試練は、私に傲慢さをわからせる為の試練だったのだろうと

納得しています。ここが納得できたのが、つい先日。おそらく、この気づきをもって、この試練は終了

です。

今回の件では、本当に苦しみましたが、大きな人間的成長をさせてもらいました。これほどまで苦しまなけ

れば、絶対に自分の傲慢さには気づけなかったと思います。

敢えて一般的な表現をするならば、今回の悪い流れは、天(あるいは神)から与えられた試練。

私に「そろそろ先に進め!」と言っているのだと思えます。

これまでの私は、「先」の意味がわからない状態でしたので、敢えて試練を与え気づかせてくれたんでしょ

う。きっと、先のステップに到達するには、「自分の傲慢さに気づく」ことが大事だったのでしょう。

これを浄土真宗で言えば、阿弥陀仏の本願力によって「私の傲慢さ」に気づかされた!と言うのです。

ここまでくるとようやく、不可解な苦しい状況が、私を成長させてくれる為の試練だったと頷けてくるので

す。だから今、ようやく苦しい状況を脱しつつあるのです。そんな現況にあります。

そんなことなので、ここから先は良い方向にしか進みません。

ご心配をおかけし、申し訳ありません。

でも大丈夫! 2021年もそろそろ終わりです。

これで新たな2022年をニュータイプの私で迎えることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です