日記

来年にむけて

おはようございます。住職です。

今日から12月です。今年も残すところ、1か月となりました。

早い。私は今年、これまで数年間も悩み続けてきた今後のお寺の方針について、

ようやくちょっと輪郭が見えてきたように思っています。

正確に表現すると、ぼんやり輪郭が見えてきたくらい。

もう少し輪郭をしっかり定めることが必要だと感じてますが、

それにしても、大きな進展なのです。

そのような意味で、2019年は、私にとって、とても大きな節目の年ともなりました。

来年は、その輪郭部分をもっとクリアにし、さらに輪郭の内部にある中身について、

考えていければ素晴らしいと思っています。

しかし、そもそも私が描くこの輪郭が世間で通じるのか?

それもわかりません。昨日も綴りましたが、もう周りから無理だ!と言われても、

今更動じることもなく、ただ挑戦すればいいや!と思ってはいます。

だけど、挑戦するにしても、挑戦の仕方が大切になってきます。

やり方次第で、成功も失敗もあり得るから。やり方が難しいのだと心底痛感してます。

これまでの自分の経験だと、自分の予測よりも結果は低めにでることばかりです。現実は厳しい。

ですから、努力と戦略は当然として、理想まで到達させるには

世間に通じるアイデア(innovationとも言えるか)が求められると思います。

それがちゃんと融合する時、理想に近づけるのだと思うのです。

これまでの私に足りない部分は、世間に通じるアイデア!これがなかなか難しい。

そんなことを来年以降に苦労しながら、進めていきたいと思っています。

さて、今年の残りの貴重な1ヶ月を、来年に繋げる為に

これまた貴重につかって行きたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です