日記

早朝の虫の音色

おはようございます。住職です。

8月も終盤ですね。昨日は暑かったけど、今朝は秋の気配を感じるような朝になってます。

私が西照寺において感じる秋の気配は、早朝の虫の鳴き声や空気感、空の雲など、それら複数の要因から感

じるものだと思われます。中でも特に影響が大きいものが虫の音色です。(たぶん鈴虫と思われます)

幼少期からここに住んでいるので、夏から秋に移ろいゆく最中、虫の音色の変化にすぐに気づくようになっ

てます。ここは田舎なので、四六時中といっていいくらい、虫が鳴いていたり、鳥が鳴いていたり、声がし

ています。夏の夕刻などは、ウシガエル?などのカエルの鳴き声もします。

これらの声を普段の生活の中で聴いているので、意識しているわけではありませんが、音色の変化に敏感

になります。朝、外に出れば、虫の音色が聞こえてくるから、意識していなくても、自然と感じとれてしま

うのですね。しかし、考えてみれば、東京都内であればこんなことはありませんね。

都内で宿泊すると、車の騒音や人の声、宿泊者の騒音などで自然の音は聞こえてきません。

あまり意識してきたことはありませんが、住んでいてどちらが落ち着くか!?と言われれば、やはり自然

が感じられる方が、何だか心は落ち着きますね。東京など、街中は便利だし、魅力的ではありますが、

落ち着きや人間的な心のゆとり、あるいは、「悠久」などの長い時間軸を求めるならば、西照寺の環境は

素晴らしいと、今更ながら思います。

ふと、このブログを綴りながら気づいたことですが、この環境は、実は西照寺の特徴なのでは!?と

今更ながらに思ってしまいました。もう少し、他の場所を意識してみようと思いますが、他の場所は

西照寺くらい早朝から、虫の鳴き声や鳥の鳴き声が聞こえるものなのだろうか?

これまで全く意識してこなかったけど、もしかしたら、違いがあるかもしれませんね。

さてさて、私の中では秋の虫の音色は、どこか寂しい感じがします。

夏はセミが「ミーンミンミン」と騒がしく鳴くのでどことなく、騒々しい。夏らしい。と感じていますが、

秋は鈴虫の音色?なのか、物寂しい感じになっていきます。

西照寺で、私が秋が近づいてきたな!と思える時は、セミの音色に鈴虫の音色が混じってくる時で

す。それは突然きます。しかも、夏真っ盛りなのに!と思うような時に、鈴虫みたいな虫が早朝に鳴いてい

ます。さすがに、7月に鳴くことはないと思いますが、年によっては、8月のお盆前後の早朝であれば、

可能性があるような気がします。今年もそれが早かったでした。

今年はどことなく、季節の進展が早いような気もしてます。夏も7月が暑かったし。

そう考えると、私の苦手な冬も早くくるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です